スポンサーサイト

続きを読む >

モスタル/Mostar Episode-2

市内で一番最初に目にしたのは日本のODAで寄贈したバスが路線バスとしてモスタル市内を走りまくっている事。日本人として嬉しい!モスタルの旧市街は完全にオスマントルコ建築探せばカトリックもあるんやろうけど、ほっっとんどがモスク街の産業は観光だけみたいな感じやけど観光客もわんさかいるのでこれなら問題無くやっていけるでしょう個人的にはあんまり観光客の多い街は好きではないけど、モスタルはまた来たいと思うような...続きを読む >

モスタル/Mostar Episode-1

にほんブログ村サラエボからモスタルまではバスを利用電車も出てるらしいが、しかも電車の方が安いらしいが、朝が早いので却下!前日スレブレニツァ行って疲れてるしね。。。 と自分に言い訳いや、正直なところ、そっちのほうが少しでも安いとわかっててその手段を取らなかった事に少し後悔して反省してます。 ビバ節約旅行でその高い方のバス運賃18.5マルク 約9ユーロ  電車なら5ユーロぐらいらしい4ユーロあればケバブ2...続きを読む >

スレブレニツァ・エピソード3

スレブレニツァへの行き方サラエボから160kmのところにあるこの街まではバスで約3時間峠をいくつも越えて行きます。運賃は往復で32マルク 約16ユーロ7:10サラエボ・バスターミナル発16:30 スレブレニツァ・バスターミナル発バスの運転手に「ポトチャリ!!」と言えば、メモリアルパーク、記念館の前で降ろしてくれます。もし通じなかったらきっとバスに一人ぐらいは英語通じる人がいるでしょうから探してお願い...続きを読む >

スレブレニツァ・エピソード2

今日は雨!一日スレブレニツァを歩き回るつもりなのでかなりブルーなんとなく隣のお姉ちゃんに今日はずっと雨なのかと話しかけてみるとなんと彼女もスレブレニツァに行くらしいスレブレニツァの平和活動組織で働いてるのだとか。やっぱり未だにそういう物があるんか~エミリア(話しかけたお姉ちゃん)バスの中でせわしなく電話してると思ったら「あなたに記念館のガイド紹介してあげるから、その人に案内してもらってちょーだいね...続きを読む >

スレブレニツァ・エピソード1

こんなに内容に困った記事は今回が初めて。まずサラエボ2日目に訪れた街で起こった出来事について時系列に並べてみよう1992年ボスニア紛争勃発1993年 スレブレニツァが国連の安全地帯として、一切の攻撃を禁止する。その後、周辺のボシュニャク人がスレブレニツァに逃げ込み始めるスルプスカ共和国軍が周りの集落を焼き払い、ボシュニャク人に対する散発的な虐殺を繰り返しながらスレブレニツァを包囲していく。1994...続きを読む >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。