スイス/Switzerland 滑走記 18' Ep.4

ゲレンデの真ん中に立つ小屋、スキースクールと不動産屋の看板がかかってる!さすがスイスっす。天気はイマイチやけど、ヴィラーのスキー場を堪能ヴェルビエほどの規模ではないけど1週間ぐらいいて滑り尽くすには十分な大きさなんども滑るから面白くなるコースがある。牛舎を改造したレストランもちろんスイスボリューム味もスイス味夜は友達が働くスキースクールのイベント見学馬に引かれてるちっちゃいのがジェレミー、なんと4...続きを読む >

スイス/Switzerland 滑走記 18' Ep.3

太陽が大好きなヨーロッパ人おっと、彼女はチリ人でした。 でもじいちゃんがヨーロッパからの移民。ヴェルビエ最終日。6人乗りのリフトに5人5ヶ国籍「日本人は日本にいるときはもちろん、外国で生活していても食事や生活習慣の面で、外国生活に馴染まず日本文化を貫く傾向がある。」なんて話を誰かがしてて、それは一理あると思うし、なぜそうなのかを考えてみた。確かに「親が遊びにくるから日本食大量に持ってきてもらった」...続きを読む >

スイス/Switzerland 滑走記 18' Ep.2

前の週に打って変わっての陽気マイナス25度からマイナス5度で気温差20度一体どんな天気やねん!wフリーライドの聖地ヴェルビエこのケーブルカーの先に見える山降りてくるのに圧雪されたコースは一切なく岩の間を滑り降りてくるしかありません。でもそのためにここに来てる人しかいないから需要と供給のバランスがうまく取れてるんかなみんな山側に陣取ってどのラインで滑ってくるかをしっかりチェック日本やったら立ち入り禁...続きを読む >

スイス/Switzerland 滑走記 18' Ep.1

オーマイガー一体何が起こってるんですか、これ。ジュネーブエリア、稀に見る大雪のためこの1日だけで200便以上がキャンセルになったのだとか。お客さんを見送り、急かされ次の目的地に向かうためのバスに乗り込んで少し走ると、、、もちろんですよね。。。完全に立ち往生そんな時に限って「フライトがキャンセルになりました。」そらそうですよねごめんなさい9時間以上並んで、振替のフライトを手配してもらった上に空港泊も...続きを読む >

スイス/Switzerland 訪問記 17' Ep.3

写真と記事の内容は全く関係ありません。記録用記事OJO DE AGUAこのちっちゃいレストラン、めっちゃ美味しかったのでまた行く時のために書き留めときます。アルゼンチン?スペイン?系の料理でした。重たいチーズとハムとジャガイモに高いお金出すよりここで食べた方がずっとええやんと、個人的な意見ですが、チューリッヒに訪れた際は是非行ってみてください。毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが現地で暮しな...続きを読む >

スイス/Switzerland 訪問記 17' Ep.2

さ、今回の旅行ですが、見ての通り親孝行旅行です。春のアフリカで濃い旅はちょっとお腹いっぱい気味それに加えて夏のNZで(NZは冬)色々と予想しない収穫があったため2017年はかなりやりきった感がある。こんな年も滅多にないし、こんなタイミングでオカンが旅行に行きたいというこもきっと一生無いであろうということで一生に一度なんじゃ無いかという7泊9日スイス旅行に至ったわけです。スイスって別に大好きな国では無いけど勝...続きを読む >

スイス/Switzerland 訪問記 17' Ep.1

チューリッヒ with 母チューリッヒ with 母 そのにチューリッヒ with 母 そのさんバーゼル with 母バーゼル with 母 そのにどこか忘れた。笑時計屋の前で立ち止まる。 with 母 ルツェルン with 母ルツェルン with 母 そのにチューリッヒ without 母ようやく。。。笑毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っています。《現在81カ国訪問済み》 今ま...続きを読む >

スイス/Switzerland 滑走記 17' Ep.1

これ、アイガー/Eiger 3970m かな?2年ぶりのグリンデルワルド/Grindelwaldちゃんとスキーするのは2回目?スイスには7シーズンも来たのにグリンデルワルドのことは全くわかりません。。笑ん〜、どれも同じ山に見える。。。有名なスキーのワールドカップが行われるWengen/ウェンゲンここで記録された最高速きちがいでしょ・・・一番下まで降りるとウェンゲンの村小ぢんまりとしていい感じスイスランチ味は・・・・・、でも太陽の...続きを読む >

ツェルマット/Zermatt スキー旅行記 16' Ep.4

ツェルマットで宿に泊まる時はいつもここHotel Bahnhofツェルマット生まれツェルマット育ち、現在は山岳ガイドの絵に描いたようなツェルマット人ファビ/Fabi が営むお宿。ツェルマット出発の日は大雪で大変でした。。。そのファビの宿は村で一番安いのでバックパッカーなんがも良く泊まってるのですが今年も卒業旅行でツェルマットにきた二人組に遭遇イタリアへ向かうということで乗せていくことにしました。ヨーロッパ人は学校卒...続きを読む >

ツェルマット/Zermatt スキー旅行記 16' Ep.3

スイスでも最も儲けるスキー場の一つツェルマット毎年色んなところをリノベーションしたり新しい索道を掛けたりと、色んなところに設備投資しているのですがこのリフトもその一つスイス一急なTバーと言われた索道がついにリフトになりました。それも6人乗りの高速リフトでも何かがおかしい。。。乗り方が確実におかしい。高速リフトといえば、乗り場ではリフトがゆっくり動くのですがリフトの進行方向に人間が移動して後ろから追...続きを読む >

ツェルマット/Zermatt スキー旅行記 16' Ep.2

当ブログにてスイス最高のレストランとの称号を冠してきたレストランリードがこの秋に閉店することになりました。正確には移転なんですが、名前が変わってレストランワルトハウスRestaurant Wald Hausリードのあの料理がまた食べたい!!ってかたは是非こちらへどうぞ。おなじみのメニューから、町のレストランだからこそできるメニューまで確実にパワーアップしてます。パトリックとベアも元気そうで何より。yskと彼らが初めてツ...続きを読む >

ツェルマット/Zermatt スキー旅行記 16' Ep.1

せっかくヨーロッパに滞在していて、時間もあるので、いつものこいつに乗っていってきました山の向こう側。向かうは3883mヨーロッパではリフトで行ける最も高い場所コルチナとは比べられないものの、色んな思い出のつまったツェルマットもちろん大切な友達もたくさんいるので、会いに行かないわけにはいきません。こちらのカップル去年ツェルマットの飲み屋で知り合って同じ年に偶然NZの人口5000人の村で再会しかも同じス...続きを読む >

スイス/Switzerland 生活記 14'-15' Ep.11

色々反論あると思いますが、非常に個人的な意見としてツェルマットにはysk的に美味いと思う店1軒もないと思ってました。高くて美味いのは当たり前。 支払う以上の何かを得られる店が良い店やと思うんですよね。この店、7シーズン目にして初めて質が値段を越えました。AFTER SEVEN/アフターセブンツェルマットで美味しい物をお求めの方は是非どうぞ!朝6時過ぎのツェルマット美味い物を食った次の日の朝は清々しい。リフトに乗...続きを読む >

スイス/Switzerland 生活記 14'-15' Ep.10

すっかり春めくツェルマットの村をよそ目にこの山頂、クラインマッターホルン 3383m はさすがにいつも寒い。「ここは夏でも寒いんですか?」とお客さんによく聞かれますが、残念ながら知りません。 夏一度も訪れたことがありません。どうもハイキングには興味が沸かへんけど、一度やってみれば良さがわかるんやろうなぁーと思いつつ、なかなかこれ以上趣味を増やす勇気がありまへん。寒いときはこいつで温めましょう。Restaurant ...続きを読む >

スイス/Switzerland 生活記 14'-15' Ep.9

チェルビニアから見たマッターホルンいつも休みの日は一人で滑ることが多いが、今日はこの人と。ってマスクで顔、わからへんね。知ってる人は知っている、その道の凄い人です。自分で滑ってると人のペースに合わせることも必要無いから気がらくで良いけどやはりこのスキーの醍醐味、爽快感というか、あの快活な感じを共有しながら滑るというのもスキーの楽しみ方で、その為には自分と同じぐらいか、それ以上に滑れる人と一緒にスキ...続きを読む >

スイス/Switzerland 生活記 14'-15' Ep.8

今日は端的にスイスの良いところを紹介します。自然がもの凄く身近世界遺産都市でもある首都のベルン/Bern からこんな綺麗な山々が望めます。中でも有名な三山、左から順番にアイガー/Eiger 3970mメンヒ/Mönch 4107mユングフラウ/Jungfrau 4158m九州と同じぐらいの国土で国全体が田舎なので、ゴミゴミしてるところは無く人口約800万人と国自体小さいのでよくまとまっていてどこからでもこの車窓が臨めてしまうんです。電車で上...続きを読む >

スイス/Switzerland 生活記 14'-15' Ep.7

TGVはフランスの新幹線こっちは普通の電車と高速鉄道が同じ路線なので遅延の影響を受け易かったりするけど、大きな駅ならどこからでも乗れるのは便利とにかくヨーロッパの先進国の電車は静かで乗り心地が良い。ヨーロッパで一番乗り心地が悪かったのはマケドニアの電車かな一番良いのは間違いなくスイスの電車。特急列車の中でコーヒーを飲んで寛ぎながら、窓の外を見ると綺麗なアルプスが間近に見えるこれこそまさにスイス電車旅...続きを読む >

スイス/Switzerland 生活記 14'-15' Ep.6

スイスに戻ってきております、1週間だけ。。。今日で今シーズン始まって72日滑走日数は61日滑走距離は745km中でも注目は運転距離7082kmどんなけ運転させんねん?!スキーガイドちゃうやん、ドライバーやん!!wと、心の中では思いながらも口には出せないので、ついついここで吐き出してしまいました。マイナス30度?!?!仕事をすると気疲れするようになったのは今までちゃんと気を使って仕事してなかったからな...続きを読む >

スイス/Switzerland 生活記 14'-15' Ep.5

こんなに寒くなるのは一番高いとこにいるから。クラインマッターホルン 標高3883mここへ来る理由と言えばあれしかない。国境越えここも長くなると、その日の朝の気分でスイスで滑るかイタリアで滑るかを決めれるようになってくる。天気もいいしリゾート気分でのんびり滑りたい時はスイスみっちり滑りたいし美味しいご飯が食べたい時はイタリア景色はスイス側の方がいいけど、コースはイタリアの方が良い物価もイタリアの方が...続きを読む >

スイス/Switzerland 生活記 14'-15' Ep.4

このスイスという国の物価が高いというのは海外に興味のある人であれば誰もが聞いたことあるじゃないでしょうか。高いには高いなりの意味があってまずインフラはスバ抜けて整ってます。この国には電車で行けない場所なんて存在しないんじゃないかと思うぐらいどこへでも電車で行けます。どんな高い山も、穴を掘って通しちゃいます。地震が無いから、という要因も関係してるでしょうけどそれ以上にスイス人の国民性を構築する大きな...続きを読む >

スイス/Switzerland 生活記 14'-15' Ep.3

もう去年の話しですけど、ツェルマットで過ごしたクリスマスのこと書きたいと思います。と言いますのも、年始早々トイレに流したカメラの修理が難航しております。メーカーさんに送った物の、即「修理不能です」とのお知らせ。カメラが届きましたの知らせも無くいきなり修理不能なんて言われたら不信感も募りますよリコーさん!!!きっと水没って書いたから中も開けずに修理不能って言われたんじゃないか・・・なんて思ってるので...続きを読む >

スイス/Switzerland 生活記 14'-15' Ep.2

チューリッヒの空港は地下が電車の駅になっており、チューリッヒ中央駅から一駅約10分大きなショッピングモールと一体化していて街から買物に来る人も多数。仕事なので毎週ベネチアかチューリッヒの空港に行くのですが空港の中で退屈しないのは圧倒的にチューリッヒ。クリスマスシーズンはもちろん空港もショッピングモールもクリスマス一色でした。そこで発見したのがこんなサービス空港内のショッピングモールで買物した人に無...続きを読む >

スイス/Switzerland 生活記 14'-15' Ep.1

ツェルマットに戻ってきた、いつも通りの景色。 奥はモンブラン/Mont Blancやっと現実に近付いてきました。イスラエルとパレスチナは頭の整理が追っ付かなくて、そして書くこと多過ぎて7日間の滞在で16記事も書いてしまいました。ホンマはもっと書きたいことあったけど、上手く整理出来ないのでとりあえず吐き出してみたって感じです。読みにくい文章になってしまってたかもしれませんが、読んでくれた方には感謝感激です。ま...続きを読む >

スイス生活記 13'-14' Ep.15

スイスの車窓から (ほとんどイタリア、でもスイスの車両が快適)ツェルマットから一番近い空港は、、、乗換1回で行けるチューリッヒ空港か、ジュネーブ空港ベルン空港なんてのもあるけどヨーロッパ外からは飛んでないんとちゃうかなスイスの国土は丁度九州ぐらい、なんてきいたことあるけど、 うろ覚えなんてガイドとして失格です。はははつまり他の国の空港を使っても意外と近かったりするんです。特にツェルマットはイタリア...続きを読む >

スイス生活記 13'-14' Ep.14

気付けば今日でスイスも最後すなわちシーズンも最後12月の10日過ぎぐらいからシーズンインして102日滑ったはず。毎シーズン、終わりになると膝と腰が言うことを聞いてくれなくなるのは愛情不足でしょうかまだまだ若いので年のせい、なんてことは絶対にない。 はず、、絶対に、、たぶん絶対に。。。スイス記のはずが、写真はイタリアツェルマットのてっぺんからイタリアに滑り込んですぐのところにあるレストランどうしても...続きを読む >

スイス生活記 13'-14' Ep.13

天気最高雪質最高景色最高これ以上何も望めない。一度で良いからやってみたいツェルマットのパラグライダー3000mから飛ぶ感覚ってどんなんなんやろう。。モンテローザのヘリスキーも行きたいし、あれもやりたいこれもやりたいとここにおると欲が止まらない。なんて欲深いんだ、いや、でも人間なんてそんなものか。いい女を肴に、美味い酒を飲みながら、スキーの話に華を咲かせるオヤジ達そうツェルマットの反対側、ここはイタ...続きを読む >

スイス生活記 13'-14' Ep.12

スイスに戻って早速至福の時間レストラン・リード/Restaurant Riedもちろんここで。今シーズンも今週で最後上々の出々しです。毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っていますので下の【世界一周】と書かれたやつを是非とも クリック お願いします!!皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力で...続きを読む >

スイス生活記 13'-14' Ep.11

クラインマッターホルン/Klein Matterhorn標高3883mのマネキン心肺機能が強い仕様。と、本日は始発ゴンドラで上がってきたのに風も強く、天気もよくなく、ん〜、、、、、なにぃ?!  まだ斜面の準備もできてないだとぉ!!とリフトを降りたところで知らされるもこんな寒いとこで待ってたくない!! と思ったら「リフト小屋の中で待っときな」閉鎖的で保守的で陰険だと思ってたけど、ごめんなさい。 いい人でした。ただシ...続きを読む >

スイス生活記 13'-14' Ep.10

ツェルマットゲレンデだけを見ると、非常にショボい。グッとアドレナリンの出るような斜面も無ければ、気持ち良いロングランが出来るわけでもない。なのにこのスキー場のある村が何故ここまで世界的なリゾートになってるのか。。。マッターホルンという一大観光資源をもとに「ツェルマット」と言う名前のブランド化それに期待してきた人を裏切らないだけのアトラクション、イベントを用意して巧みに人を飽きさせない、惹き付けるそ...続きを読む >

スイス生活記 13'-14' Ep.9

ゼルデンからツェルマット約500km渋滞も含めて約10時間オーストリア、リヒテンシュタイン、スイスと通って3日間ツェルマットで働いたらすぐにまたコルチナまで600km移動。この4日間で4カ国、1100km移動します。渋滞さえ無ければいいねんけどなぁ丁度カーニバルの週に当たってて、人の出が多い年中行事は欠かさないヨーロッパ人。 いいことです。私、ysk、世界一周 ブログランキングというものに参加していま...続きを読む >