ロシア/Russia 旅行記 16' Ep.10

「無関心は権力者、統治者への静かな支持である」ウラジミール・レーニンロシア革命の中心となった人物です。ずば抜けた演説能力が人々をひきつけて、大きいな力となって、国を変える革命にまで至るリーダーシップというのは人を惹きつけて、強引にでも引っ張っていく力であってすべての意見をまとめて無難に解決したよに見せかける力ではない。と言うような感じの人です。是非wikiでみてみてください。実は元々このフェリーに乗っ...続きを読む >

ロシア/Russia 旅行記 16' Ep.9

この日はカウチサーファーのお二人に会員制? のような、秘密のバーに連れて行ってもらいました。こんな駐車場の奥の隅の扉には鍵がかかっていて外から電話して開けてもらう仕組みのようでなにやら暗号的な会話を交わしたかと思うと カチャッと音がして中から開けてくれました。入ってびっくりこんなバーがあんな駐車場の隅の扉の奥に隠されてるなんて!もしかして、密売所?ちっちゃな映画館付きでした。中の人はまたいい人ばっ...続きを読む >

ロシア/Russia 旅行記 16' Ep.8

朝のウラジオストック駅ホステルに置かれていたクッション自分が今まで感じていたロシア人に対する距離は確実に、ウラジオストックのロシア人が日本人に対して感じている距離より遠いといたるところで感じさせられる。ここのロシア人は自分が思っているよりも日本のことも知ってるし、日本人に対しても優しい。スーパーの惣菜売り場ジーッと見てると「味見してみる?」 と言わんばかりに摘んで出してくれる。今度はもっとゆっくり...続きを読む >

ロシア/Russia 旅行記 16' Ep.7

ウラジオストック市内のローカルなスーパーにて日本でも見かけるような魚とか食材が多数並んでる。下の真空パックのニシンなんか醤油の味がしそうさらっと絞っただけでも日本のものはロシアの物の2倍から3倍の値段夜はカウチサーフィンを活用して地元のウラジオストック人に案内してもらう。これ、ディスコ???ミラーボールにDJボックス完全にディスコなのにこれでもかっていうぐらいの量の水餃子これがウラジオストックの郷土...続きを読む >

ロシア/Russia 旅行記 16' Ep.6

街歩きの続き基本的に出不精な性格なので、こうやって外に出ても実はあんまり精力的にいろんなものを見て回りたいとは思いません。ただあてもなく街をふらふらしながらなんとなく「これがこの街の人の生活の仕方なんかな?」 と思える瞬間に出会えればそれで十分その街に来た価値があるように感じてるんです。もちろんそれが観光地的なものを見た時に感じることもあるし道端に落ちてるゴミを見た時に感じることもある。落ち着かな...続きを読む >