オーストラリア/Australia 訪問記 16' Ep.1

1年ぶりのメルボルンこの街に惚れ込んでるわけでもないし、どっちかといえばバンクーバーの方がずっと好きそれでもこうやってここに戻ってくるのは地理的にNZに近くて乗り換えがしやすくて仲のいい友達に会えるから。バンクーバーにも友達はおるけど、地理的に遠い。これもまた巡り合わせのようなものかなぁといつも思う。そしてこうやって何度も戻ってくると好きじゃない街やのに何故か愛着のようなものが湧いてくる。もうひとつ...続きを読む >

XT802 バリ/DPS - メルボルン/MEL by Air Asia X

空港に着いてみてびっくりどんなけ並んでんねん!!これ、空港に入るための列ですよ簡単な荷物チェックがあるため時間がかかります。それにしてもこれは並びすぎでしょ30分ぐらい並びました。ここでもこの光景免税のお買い物が済んだ人民の方々が本国に戻った時に関税かけられないためにすべて袋を開けて使用済みかのようにしても持って帰ります。昔はよく日本人もやってましたよね。。やっとチェックインカウンターまでたどり着...続きを読む >

QG7310 ディリ/DIL - バリ/DPS by Air Timor

やってる意味があるのかないのかわからんような荷物検査を抜けるとチェックインカウンターと出国審査と出国税(10USD)を払うカウンターと土産屋が12畳ぐらいのスペースに並んでるホールに入れる。まずはボーディングパスをもらうためにチェックインを済ませる2フライトが同じ時刻に出発するのにチェックインカウンターは4つしかないのでかなり込み合います。そしてボーディングパスを持って出国税を払いに行く。あとは入国審...続きを読む >

東ティモール/Timor Leste 旅行記 16' Ep.6

東ティモール軍2000人ぐらいいるらしい。空港までの道のりなんとなく今回の旅を総括すると料金面ではかなり安かった。というのも飛行機をマイルで取ったからやけど、、東南アジアを旅行するというのは安上がりでいいそして暑いから荷物も少なくて済む。成田からバリ 手数料2720円のみバリから東ティモールの首都ディリへの往復は234USD(約25,000円)バリから次の目的地メルボルンまで片道23500円東ティモールの宿は一泊10USDGino...続きを読む >

東ティモール/Timor Leste 旅行記 16' Ep.5

東ティモール2日目の本日は独立記念日いつもはなら道を歩いてると5秒に1回はタクシーからクラクションを鳴らされるんやけどさすがに今日は2分かかった。運ちゃんハタチタクシーなんて豪華なもんに乗って目指すのはあの岬の上に見えるキリストの像クリストレイ/Cristo Reiブラジルについで世界で二番目にデカイというのがこの国の人の誇りちなみに料金はホステルから像まで、像から空港までで15ドル20ドルって言われたとこ...続きを読む >

東ティモール/Timor Leste 旅行記 16' Ep.4

高級な車は大体、政府関連か国連関連民間人で乗ってるのはマフィアぐらいま、政府関係者≒マフィアかこうしてフルーツを売り歩く人が街のいたるところにいる中にはビンやペットボトルの飲み物を売る人も露店やこういう商売ができるのもある意味国を測る一定の基準になるようは税制度がどれぐらいしっかりしているのかというところ国によっては飲食店のライセンスや、店の中の構造とかまでうるさいところもあれば発展途上国では全く...続きを読む >

東ティモール/Timor Leste 旅行記 16' Ep.3

さて東ティモールの街歩き酷暑期と呼ばれる乾季と雨季の間に当たるこの時期の東南アジアはとにかく暑い。気温は軽く30度を超えて、湿度は90%ぐらい普段は冬しか経験してない yskにはこの真昼間に街歩きなんて自殺行為気合いを入れて宿を出たもののすぐにくじけて室内に入ろうとするにも発展途上国なのでエアコンの効いた室内なんてものはほとんどない。なんとなくパラオを思い出す。が、街はパラオより後進国そこで見つけたの...続きを読む >

東ティモール/Timor Leste 旅行記 16' Ep.2

空港に着いたらまずやることがVOA こと Visa On Arrival日本人は30USDヨーロッパ人は無料らしい。飛行機で隣に乗ってたポルトガル人とイタリア人はスルーポルトガル統治の影響か??こういうシールをもらって入国審査に進みます。入国審査官がパスポートに貼り付けてくれるので、自分で貼らないように!到着ロビーはオープンエアタクシードライバー選びたい放題!デンパサール空港よりもしつこいドライバーが集まってきます。さ...続きを読む >

東ティモール/Timor Leste 旅行記 16' Ep.1

東ティモール2002年に建国した、アジアでは最も新しい国世界でも3番目に新しい人口約113万人は名古屋市のちょうど半分面積は日本で2番目に大きな都道府県の岩手県とよし少し小さいぐらいちなみに岩手県の人口は約128万人時差はバリ島より1時間早いので日本とは同じ GMT+9人種はメラネシア系がほとんどニューカレドニアとかあっち系通貨はアメリカドルでもセントはなくてセンタボという独自の補助通貨を使用これがそのセンタボ世...続きを読む >

QG7300 バリ/DPS - ディリ/DIL by Air Timor

タイ航空に続き、エアティモールも初搭乗って、ティモール行くの初めてやから当たり前なんすけど。。チェックインの際に東ティモールから出国する飛行機の予約を済ませているかと予約に使ったクレジットカードの確認をされる。が、有効期限の切れたカードなんか持ってないので提示なしでOKでした。ホンマ広くて綺麗になったなぁープライオリティパスで使えるラウンジの食事も充実B737-500定員100人弱の小さな機体搭乗率は40%ぐ...続きを読む >

TG431 バンコク/BKK - バリ/DPS by Thai Airways

深夜でも賑やか夜9時から11時間のトランジットやることないので一度入国審査を受けて空港のセキュリティエリア外へ進出目的はこれ、マッサージセキュリティエリア内やと1時間700バーツ(約2150円)一度審査を受けて出てからやと1時間(約1500円)B787-8別に飛行機がちっさいわけじゃないけどA380から乗り換えると小さく感じる。食事はGOOD前回来た時は改装中やったデンパサール空港今回は完成しているようでめっちゃ綺麗にな...続きを読む >

TG677 成田/NRT - バンコク/BKK by Thai Airways

初めての利用? タイ航空乗客のほっとんどがタイ人 with 凄い買い物と荷物の量ビザが緩和された影響で、とかニュースでは言うてるけどこれは確実にタイ人が日本に来られるだけのお金を得てるからお金無かったなんぼビザが簡単でも来られへんもんねアジアの順位は確実に変動してる。KAL(大韓航空ラウンジ)で腹ごしらえA380-800 (写真はちゃいます)とにかくデカイ! もう一度乗ってしまえば飛行機に乗ってることすら忘れるぐら...続きを読む >

ロシアビザの取り方と旅行にかかった経費

基本的なビザの取り方は以下の記事通りロシアのビザの取り方申請の時に必要なヴァウチャーはこれオンラインでいとも簡単にゲットできます。入国審査も至ってスムーズ特に難しい質問をされることもなく通過写真の紙を渡され、出国の時にまた審査官に返却して終了。さて、諸々の費用ですが結論から言いますと今回の7泊8日の旅行で全ての費用を含めて10万円切りました。以下詳細航空券 関空〜ソウル 9,260円    ソウル〜ウ...続きを読む >

S7 556 ウラジオストック/VVO - 成田/NRT by S7 Airlines

ウラジオストックの中央駅から空港へ向かうバスは空港から来た時に下車した場所と反対側の駅の正面玄関前、道路に一番近い乗り場から出てるようです。一応時刻表があるようですが、その場で運転手に確認する方がベター空港行きも同価格100ルーブル(約160円)前回タダで乗せてもらったんで、200ルーブル払っときました。なんとなく読めるようで読めないキリル文字春らしい調色のS7エアライン軍港も兼用してるので良く見かける軍用...続きを読む >

ロシア/Russia 旅行記 16' Ep.10

「無関心は権力者、統治者への静かな支持である」ウラジミール・レーニンロシア革命の中心となった人物です。ずば抜けた演説能力が人々をひきつけて、大きいな力となって、国を変える革命にまで至るリーダーシップというのは人を惹きつけて、強引にでも引っ張っていく力であってすべての意見をまとめて無難に解決したよに見せかける力ではない。と言うような感じの人です。是非wikiでみてみてください。実は元々このフェリーに乗っ...続きを読む >

ロシア/Russia 旅行記 16' Ep.9

この日はカウチサーファーのお二人に会員制? のような、秘密のバーに連れて行ってもらいました。こんな駐車場の奥の隅の扉には鍵がかかっていて外から電話して開けてもらう仕組みのようでなにやら暗号的な会話を交わしたかと思うと カチャッと音がして中から開けてくれました。入ってびっくりこんなバーがあんな駐車場の隅の扉の奥に隠されてるなんて!もしかして、密売所?ちっちゃな映画館付きでした。中の人はまたいい人ばっ...続きを読む >

ロシア/Russia 旅行記 16' Ep.8

朝のウラジオストック駅ホステルに置かれていたクッション自分が今まで感じていたロシア人に対する距離は確実に、ウラジオストックのロシア人が日本人に対して感じている距離より遠いといたるところで感じさせられる。ここのロシア人は自分が思っているよりも日本のことも知ってるし、日本人に対しても優しい。スーパーの惣菜売り場ジーッと見てると「味見してみる?」 と言わんばかりに摘んで出してくれる。今度はもっとゆっくり...続きを読む >

ロシア/Russia 旅行記 16' Ep.7

ウラジオストック市内のローカルなスーパーにて日本でも見かけるような魚とか食材が多数並んでる。下の真空パックのニシンなんか醤油の味がしそうさらっと絞っただけでも日本のものはロシアの物の2倍から3倍の値段夜はカウチサーフィンを活用して地元のウラジオストック人に案内してもらう。これ、ディスコ???ミラーボールにDJボックス完全にディスコなのにこれでもかっていうぐらいの量の水餃子これがウラジオストックの郷土...続きを読む >

ロシア/Russia 旅行記 16' Ep.6

街歩きの続き基本的に出不精な性格なので、こうやって外に出ても実はあんまり精力的にいろんなものを見て回りたいとは思いません。ただあてもなく街をふらふらしながらなんとなく「これがこの街の人の生活の仕方なんかな?」 と思える瞬間に出会えればそれで十分その街に来た価値があるように感じてるんです。もちろんそれが観光地的なものを見た時に感じることもあるし道端に落ちてるゴミを見た時に感じることもある。落ち着かな...続きを読む >

ロシア/Russia 旅行記 16' Ep.5

晴天に映えるロシア正教会よく見ると1941の文字きっと第二次世界大戦の碑でしょうそこに群がる人民観光客日本人としては非常に複雑な気持ちになる。。。そしてお決まりの、不可解なポージングはインド人と一二を争う不可解さおそらく当時使われていた潜水艦奥に見えるのが現役の戦艦強そう。。。反対から見た戦艦こうやって戦いによって樹立された国はやはり最後は戦いを信じているように感じる何事も自分が経験したことを信じるの...続きを読む >

ロシア/Russia 旅行記 16' Ep.4

一夜明けたウラジオストックの朝天気がめちゃくちゃイイ!ウラジオストックなので”きりんの夢”は見なかったけど来る前と来た後ではロシアに対するイメージが180度変わったので来年はカムチャツカやサハリンにも行ってみたいと思う。少しながらロシア人の観光客もいるロシア革命の記念広場ですソビエトの勇姿を讃えよ!というような内容でしょうかソビエトというのはロシアを含めた周辺国で構成される連邦国家ロシアというのは周辺...続きを読む >

ロシア/Russia 旅行記 16' Ep.3

到着したウラジオストック駅前奥に見えるのがウラジオストック駅道路を挟んで反対側に到着。 レーニン像が見えるのですぐわかるはず。レーニン像から道路を挟んで向こう側の白い建物が1894年に建てられたウラジオストック駅到着したのが夜9時半頃予約していた宿まで歩いて10分ほどやけど身の危険を感じることは全くなし。今回泊まった宿Gallery&More Guest House 6人ドミトリーで1泊800ルーブル(約1300円)ギャラリーも併設さ...続きを読む >

ロシア/Russia 旅行記 16' Ep.2

まずはウラジオストック空港から街までの行き方街まではバスで1時間〜1時間半ぐらい朝夕は市内の道が混むので時間がかかるらしい。空港から出るとすぐにバス、タクシーの乗り場があってその奥に一般駐車場があります。まずはバス乗り場まで行って空港バスの看板を探してくださいこれ時刻表はあってないようなもので、人が集まれば出発してる感じでした。ysk が乗った時も時刻表とはまったく違う時間に出発しましたバスが向かうの...続きを読む >

ロシア/Russia 旅行記 16' Ep.1

ロシア連邦祝69カ国目69カ国目にふさわしいこの国を少し紹介します。人口1億4千5百万人! 全て数字で書くと145000000人!!!日本よりでかいんですね 国土世界一でかい国ですからね。ちなみに2番目に国土のでかいカナダは3500万人 面積で比べるとカナダが1億平方メートルロシアが1億7千万平方メートル首都のモスクワは人口1200万人1人あたりのGDPが24000USDもあるのに国民の給料が月500ドルぐらいなのがロシアの凄い...続きを読む >