マジュロ環礁/Majuro Atoll 旅行記 16' Ep.4

ふらっと入った中華料理屋本当にどこにでもいる中国人の生きる力は凄いお金を持ってるから他の国で事業を始めてビザを取ることができるお金があるとたかられては困るから、現地の人とは一切馴染まない国や自治体の高官と繋がっていてそことだけのコネはしっかりしておく必要なところだけ押さえといて、それ以外は一切必要としない。そもそも愛想笑いは真意のないものなのでよろしくないという文化も相まってかどこにいる中国人も無...続きを読む >

マジュロ環礁/Majuro Atoll 旅行記 16' Ep.3

 スマホ版でご覧の読者さま、写真がきれいに見れるのでよければPC版でご覧下さい。マーシャルオセロ日本のビールを引っ掛けながら一局打つのがお通なんですわ。Uliga/ウリガ 地区から Laura/ローラ地区へ向う途中ちょうど空港を過ぎたあたりの滑走路のすぐ隣にある広場で人が集まってたのでお、飛行機の着陸でも見物にきたのか!と思い、一緒に眺めることに。あー!さっきのカシワBBQ!!!と思ったら、飛行機見物なんが全く関係...続きを読む >

マジュロ環礁/Majuro Atoll 旅行記 16' Ep.2

 スマホ版でご覧の読者さま、写真がきれいに見れるのでよければPC版でご覧下さい。これがあの有名なビキニ環礁の町役場です。第五福竜丸の被曝事件知ってますか?アメリカの核実験で被曝したマグロ漁船のことです。wiki → ビキニ環礁君らにフクシマどうこう言われる筋合いないわ! ってちっちゃく心の中で叫ぶ。で、もうビキニ環礁には人が住めないので役場がマジュロ環礁にあるってわけですね。おー、こんなところにも華人の影...続きを読む >

マジュロ環礁/Majuro Atoll 旅行記 16' Ep.1

 スマホ版でご覧の読者さま、写真がきれいに見れるのでよければPC版でご覧下さい。太平洋諸国、こんなけあります  全部行きたい!!!水が1日3時間でないホテルへは空港に迎えがきますとは行っても実際に来たのは別のホテルに勤めるこのホテルのオーナーの友達でした。「ここから3分歩いたら右手にあるからね!」何でその距離送ってくれないんですか??笑自分のホテルで降ろされました。Flame Tree Backpackerドミトリー1泊...続きを読む >

マーシャル諸島共和国/Republic of the Marshall Islands

 スマホ版でご覧の読者さま、写真がきれいに見れるのでよければPC版でご覧下さい。首都をマジュロ環礁に置く29の環礁と5つの島から成り立つ国環礁とは→ wikipedia 環礁面積 181 km2北海道の利尻島と同じぐらいの大きさ首都の置かれるマジュロ環礁だけに置いては10 km2 程度のもの一人当たりの年間所得 1600 USD 程度主な産業は船に対するタックスヘブン船で商売する上でめっちゃ税金が優遇されてるから大国の船はみんなここで...続きを読む >

UA155 ポンペイ/PNI - マジュロ/MAJ by United Airlines

 スマホ版でご覧の読者さま、写真がきれいに見れるのでよければPC版でご覧下さい。こんなとこにも JAPAN AIDODAってやつですか入国の時に書いた紙の複写これ無くさんようにしてくださいね左のカウンターがチェックイン右が出国税 20USドルを払うカウンターお金を払うと出国させてもらえます。非常に簡素なセキュリティーを抜けると待合室待合室の中にも売店とレストランみたいなんがあるけど、乗る飛行機が到着する直前まで開きま...続きを読む >

ポンペイ島/Pohnpei 旅行記 16' Ep.4

 スマホ版でご覧の読者さま、写真がきれいに見れるのでよければPC版でご覧下さい。宿にあるレストランからの眺めこの日は宿の日本人のおっちゃんがなんか色々振舞ってくれました。全部地元で採れたフルーツ日本で食べるフルーツは糖度主義を一貫してるように感じるけどこういうところのフルーツはド甘いやつとそうでないやつとあるそうでないやつは ”俺、フルーツやで!!” ってアピールの凄い濃い味がする食べ慣れてないと、躊躇...続きを読む >

ポンペイ島/Pohnpei 旅行記 16' Ep.3

 スマホ版でご覧の読者さま、写真がきれいに見れるのでよければPC版でご覧下さい。たった5投で終わってしまった5年ぶりの釣り初日このままでは終われないので釣り屋で新しい竿を買って釣り再開!させるがベく、街へ戻りついでにまち歩き。こういう味のある古い車案外古くないんですよね。湿気が多く、植物がよく育つから車はすぐ錆びるし、すぐに苔が生えて、種が飛んできて、木が生えて強い自然の生命力をさらに強くさせるよう...続きを読む >

ポンペイ島/Pohnpei 旅行記 16' Ep.2

翌日もまたホテルで出会った旅人のカズさんにお世話になりミクロネシア連邦の首都である Palikir/パリキール へ行きました。大統領専用駐車場連邦警察本部アメリカでいうとこのFBIでしょうかれっきとした連邦国家なので、各州ごとの法律があり、自治組織があるのでその枠組みを超えて操作できる連邦警察が存在するんですね。首都機能、要するに国会、大統領官邸、最高裁判所、連邦警察本部、などなどの国家組織があるってだけで人...続きを読む >

ポンペイ島/Pohnpei 旅行記 16' Ep.1

ポンペイ島の空港ここまでは泊まったホテルの送迎があります。こういう太平洋の島国は基本的に公共交通機関がないのでタクシー、もしくはこういう出迎えサービスを使うしかありません。もし宿を決めずに行く場合は適当に迎えに来てる運転手に頼んで、ホテルに泊まりたいから連れてってくれ!っていうと大体乗せてくれます。飛行機自体が1日1本か2本ぐらいしか泊まらんから基本的には島中の宿の迎えが来てるんで前もってネットで...続きを読む >

ミクロネシア連邦/Federated States of Micronesia

ミクロネシア連邦ミクロネシアというとこの辺りの太平洋諸国やそこに住む人々を指すんですがミクロネシア連邦というとヤップ/Yapチューク/Chuukポンペイ/Pohnpeiコスラエ/Kosraeの4島、4州からなる連邦国家を指します。4島すべて、言語も違えば文化も少しずつ違うのが面白いところ人口10万人ちょっと首都はポンペイポンペイの町は治安も良く、夜の一人歩きも可能隣島のチュークはたまにひったくりとかがあるらしい???国の...続きを読む >

UA155 グアム/GUM - ポンペイ/PNI by United Airlines

アイランドホッパー/Island Hopper太平洋の小さな島を渡るための便グアムからホノルルまでの間に停まる島はチューク/Chuuk/空港コードはTKKポンペイ/Pohnpei/空港コードはPNIコスラエ/Kosrae/空港コードはKSAクェゼリン環礁/Kwajalein/空港コードはKWAマジュロ/Majuro/空港コードはMAJの5箇所そして最後ホノルルへ。各島に飛行機を飛ばすほどの乗客もいないので、まとめて順番に飛べば1便で島全部をカバーできるってわけですね。...続きを読む >

UA178 関空/KIX - グアム/GUM by United Airlines

グアム行きのフライトはパラオ以来かな結局トランジットでしか通らへんけど、時間があったら見てみたいなーなんて気にもならないぐらい、なぜか興味の湧かない場所。。。夜遅いフライトでは皆さんこうなりますよねB737-700搭乗率は80%ぐらい平日とはいえ日本人の乗客が多い機内アナウンスにて「サムソンギャラクシーノート7/Samsung Galaxy Note7 を機内にお持ち込みのお客様はいますぐ申し出てください。さもないと懲役10年が...続きを読む >

ニッポン滞在記/Japan Stay 16' Autumn Ep.1

海外にいて、そこまで日本食を恋しいと感じることがないのは19歳から海外に出てずっと暮らしてきたからなのかそれとも食にそこまでのこだわりがないのか、、、でも帰国すると無性に食べたくなるので、必ず行きます。そして必ずブログにあげます読んでる人には味伝わらんからあんまり面白くないよねーと思いながらも、自分の日記のために載せます。若かりし頃、夢中になったバスケ自分の学区内で自分が一番うまいと思って上の試合...続きを読む >

CI156 台北/TPE - 関空/KIX by China Airline

帰りもユナイテッド航空で予約したらまたスターアライアンスのマイルが貯まったのに何故かスカイチームのチャイナエアラインで予約してしまった。ちなみにチャイナエアラインは台湾の会社エアチャイナは中国の会社きっと台北の空気を吸いたかったからやなぁ。。また台湾で豪遊したい。A330-30030分遅れでの離陸も到着は定刻搭乗率は80%ぐらいやったかな?搭乗客の割合は日本人よりも台湾人の方が遥かに多いような印象声でかいか...続きを読む >

CI003 サンフランシスコ/SFO - 台北/TPE by China Airline

まだフライトの3時間前やというのに行列台湾行きのフライトは大人気!早め早めの行動でなんとか入れたラウンジサンフランシスコの空港のセキュリティは結構厳しく、もちろん全員が靴まで脱がされますこれぐらいしないと国を守れないんですね。。。B777-300ERという機材内装がすごく綺麗で乗りやすかった。サンフランシスコから日本を通り過ぎて台北まで行って、また日本に戻る方が直接日本に戻るよりも安いってのにちょっと納得い...続きを読む >

サンフランシスコ/San Francisco 出張記 16' Ep.10

最終日のサンフランシスコは天気が最高なぜかチリの国旗がいたるところに独立記念日か!と思って調べてみたけど、9月18日全然ちゃうやん。。 結局なぜかわからんまま。。。今日の目的はこれに乗ることほら、ここで乗ってるでしょ?ってこれまたフルハウス/Full Houseええ感じや。ちなみに今回泊まったのはこちらのホステルAmsterdam Hostel/アムステルダムホステル初日の受付のお姉ちゃんはすごく感じが良くて、二日目のお姉ち...続きを読む >