ニュージーランド/New Zealand 生活記 15' Ep.6

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
IMG_3151.jpg





IMG_3153.jpg

カドローナ/Cardrona へは、こんな道を上がって行きます。

個人がレストランやお店を経営しているヨーロッパ式のスキーリゾートではなく

北米式の一つの会社がスキー場全体を運営しているタイプのスキー場

日本もこれに似た感じやけど、スキースクールなんかは乱立してるし

そのへんのルール作りがされる前に空前のスキーブームがきて

そしてブームが去って行ってしまったから

変化が激し過ぎてしっかりとしたスキー文化を作りきれなかったのかな? という印象。






IMG_3159.jpg

町は無積雪

山は1.5mぐらいの積雪


町には全く雪無いのにスキー出来るんかいな?

と思うけど、町から車で40分でスキー場

素敵。








IMG_3160.jpg





IMG_3163.jpg

ヨーロッパのスキー場の雄大さにも感激するけど

ここニュージーランドのスキー場もなかなか良い。


大きさで比べてしまうと雲泥の差やけど

この時期にスキーが出来る場所は限られてるから

世界中からスキー好きが集まって

スキーに熱を傾ける感じがなんともいえない、良い感じ。








IMG_3150.jpg

昨日の記事に載せ忘れた写真

ワナカの町

写真に写ってるとこで、ほぼ全て。







毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っています。

《現在67カ国訪問済み》 今まで訪れた国の記事はカテゴリーからご覧下さい。

ランキングにも参加しているので、
是非とも【世界一周】と書かれた下のバナーを クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーサイト

コメント

No title

はじめまして、junと申します。昨日ブログを発見して、かなり多くの記事を読ませて頂きました。私もよく旅をするのですが、現地で働きながら旅するのが、その土地の文化や人を知るのがベストだと思っていたので、実現している方がいて嬉しく思いました。アメリカに住んでいたことがあるので英語は出来るのですが、今年中にはオーストラリアにワーホリに行ってみようと思っています。が、記事読ませて頂きましたが物価高そうですね〜。一つ質問なのですが、求人に応募して住む場所というのは求人先でベッド付きの部屋を用意してもらえるものですか?それとも毎回ご自分で不動産かなにかに出向いていらっしゃるのですか?イタリアは大変そうでしたね・・・よろしくお願いします!

2015/06/24 (Wed) 11:24 | jun #/C2V/PvY | URL | 編集
Re: No title

junさん>コメントありがとう御座います。その国でローカルの人たちと一緒に働くと、旅行だけでは絶対見えない一面が沢山見られることが現地で働く魅力ですよね。
ワーホリだとなかなか現地の人と一緒に働く機会も少ないのではないかと思いますが、英語が出来るのであればローカルの仕事を探して働かれたらいいんじゃないでしょうか。
ご質問の住居についてですが、オーストラリアのようなワーホリビザの取れる国では基本的に住居を用意してくれることは無いと思います。そこまでして人を雇わなくてもいくらでもワーホリのスタッフを見つけられますので。イタリアやスペインなどワーホリの無い国に行く時は基本的に住居付きの契約を結んでもらいます。ワークビザの申請に契約書が必要で、契約内容に住居の保証が必要になる国が多いです。
もしオーストラリアに行かれるのであれば、その街に住んでる日本人向けのWEBもありますし、Gumtreeというローカルの見ているWEBもあるので簡単とは行きませんが、見つけることは出来ると思いますよ。
こんな感じの返事でよろしいでしょうか。 また何か分からないことがありましたらお気軽に質問下さいませ。

2015/06/24 (Wed) 20:11 | ysk44 #nft/jt/c | URL | 編集
No title

>ysk44さん、早速お返事ありがとうございます〜。また諸々の情報シェアも助かります!一点追加で質問させて頂きたいのですが、スペインやイタリアや他ヨーロッパ諸国で住居付きのワークビザの取得というのは私のように「英語が出来る」という能力だけで、取れることもあるのでしょうか(職種にもよるかとは思いますが)。学生ビザで入って週20時間の中で働くという可能性は出来るのかもなーとぼんやり思っていたのですが、ワークビザとなると記事でも書かれていたように雇い主側が私を雇うメリットが必要だと思ったので。。

2015/06/24 (Wed) 21:02 | jun #/C2V/PvY | URL | 編集
Re: No title

Junさん>ワークビザ取得についてですが、雇い主が雇うメリットも必要ですが、その国の人、EU加盟国であればEU加盟国内の人たちに出来ないことが出来ると証明出来ないとビザは絶対に降ろしてもらえません。ヨーロッパ人の大半は英語を含めて2〜3カ国語を操りますし、英語が出来るだけだとイギリス人でもアメリカ人でも誰でもいいことになってしまうので、それだけではビザは降りないと思いますよ。
僕の場合ですと「日本料理が作れる」という日本人にしかできない職業だったり、スキーインストラクターという、高等技術と認識されている職ですので、自分を雇うことで店の利益に繋がる=現地人の雇用も生まれる可能性がある&現地人の雇用を奪わない職業、と認識されるので、ビザを降ろしてもらい易いです。
今ヨーロッパの先進各国の20〜30代の失業率、20%〜40%ぐらいなので、自国民の就業率をあげるためにどこの国も必死ですからね。
なにか光るスキルを身につければワークビザにグッと近付くと思いますよ。頑張って下さいね。

2015/06/25 (Thu) 07:49 | ysk44 #nft/jt/c | URL | 編集
No title

>ysk44さん、なるほど、勉強になります!分かりやすく説明して頂いてありがとうございます!最後に一点質問しても宜しいですか?日本食やスキーインストラクターのスキルというのは、日本にいるときに得たスキルなのか、それとも海外で働く中で培ったのですか?もし海外で培った場合、そのようなスキルを培える環境や資格学校のようなものがあったりするのでしょうか。もし可能であればお答え頂けると嬉しいです^^

2015/06/25 (Thu) 11:52 | jun #/C2V/PvY | URL | 編集
Re: No title

Junさん>初めて海外に出たのは高校を卒業してすぐだったので、スキルと呼べる程の物では無かったと思います。自分なりに海外で生きていくにはどのようにすれば良いのかを考えた結果が今の自分の料理とスキーになっただけなので、junさんも自分にもっとも適したスキルはなんなのか、試行錯誤するうちに見つかると思いますよ。
学校に行くのも一つの手ですが、僕の場合はお金が無かったので最初はカナダでワーホリビザを取って働いていましたよ。そのあとはスロベニアでワークビザ、イタリアで不法就労と色んな環境、色んな人と働くうちに色んな知恵もついてきたんだと思います。

2015/06/25 (Thu) 13:27 | ysk44 #nft/jt/c | URL | 編集
No title

>ysk44さん、なるほど、ありがとうございます!色々模索してみます。質問しまくりで失礼しました。これからもブログ更新楽しみにしています〜!

2015/06/25 (Thu) 18:11 | jun #/C2V/PvY | URL | 編集
美しい!!

カードローナ、一番行きたいゲレンデです!世界一周中に働いてらっしゃるんですね、凄い!
私はQTで働いてます。街中でボーダー見る度にゲレンデ行きたくてうずうずしてます。ワナカも好きな街です。
更新楽しみにしてます!!

2015/06/26 (Fri) 06:54 | subako #mQop/nM. | URL | 編集
Re: 美しい!!

subakoさん>コメントありがとう御座います。 QTもスキー客で盛り上がってるのでしょうか。ワナカも日に日に人が増えてる気がします。是非カドローナにも滑りにきて下さいませ。

2015/06/28 (Sun) 20:17 | ysk44 #nft/jt/c | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する