ニュージーランド/New Zealand 生活記 Ep.16

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

今日は実務的なお話

どうやってニュージーランドでスキーインストラクターの仕事を見つけたか

と、いうところ。




IMG_3117.jpg







以下のサイトから募集内容を確認できます。

nzski
Coronet Peak/コロネットピーク, Remarkable/リマーカブルズ, Mt. Hutt/マウントハットを経営する会社


CARDRONA ALPINE RESORT
今働いてるスキー場っす。 噂によると、NZで最も儲けてるスキー場だとか。


Mt. Ruapehu
北島にあるスキー場。 らしい。。。 正直、よう知らんねん。


Treble Cone
NZで一番儲かってないスキー場。仕事も見つけやすいけど給料安し。 
スキーヤーにとってはここ以上に楽しいスキー場はこの国には無いんちゃうかと思うぐらい、滑りの面ではイイ。


有名なスキー場でいうとこれぐらいでしょうか?

他にも小さなスキー場がいくつかあるみたいですが、詳しくは知りません。

ちなみに友達が働いてたのはここ

Round Hill

星空が世界一きれいと謳うTEKAPO/テカポにあるスキー場です。





IMG_3118.jpg






と、まぁ上記のようなスキー場の応募フォームの指示に従って

記入していくわけですが、ysk的に一番厄介やったのが

”カバーレター”

レジュメ(履歴書)と同じで形式も書く内容も決まりはなく、しかも履歴書の方に自分の情報は

書けるだけ書いてるので、こっちは何を書いていいのかホンマに迷います。


要は自己PRの発展版やと思って書けばいいんじゃ無いでしょか。

自分がどれだけ優れた人材で、どれだけ会社に貢献できるのか

今までどんな成果を上げてきたのか

等々、自分の優れた点を上手く書きまとめていくことが

仕事ゲットに繋がるのかと思います。


「謙虚」な我らがニッポン人にしてみると

「御社に貢献できればと・・・」というような書き口になってしまうのですが

そこは 「必ず御社に貢献出来ると自負しています」 ぐらいの攻める姿勢が必要です。



IMG_3223.jpg






応募時期 なんですが、

12月末ぐらいから、募集ページをちょくちょく確認しておく方がいいでしょう

だいたい2月末にはほとんどのスキー場が募集を締め切ります。


稀に人員不足で追加の応募があると思いますが

世界30カ国ぐらい?からワーホリが集まってきて、仕事を探していますから

インストラクターの仕事に限らず、競争率は高いです。


ちなみにカドローナの今シーズンのインストラクター募集には2500人の応募があって

その中から60人が選ばれたそうです。

うち30人ぐらいはコネ入社


カドローナのイントラと北半球で友達になっておくというのも一つの手です。

ニセコ、白馬、他の日本のスキー場にもみんな働きに行ってるので

そういうところで仲良くなったニュージーでイントラやってる奴らに推薦してもらいます。





ビザ は、やっぱりワーホリビザを取るのが一番早いかと思います。

ワーホリで1年ニュージーに来るもよし、冬の間だけ来るもよし

各スキー場、ワークビザを取れる数が決まってるのでワーホリできてくれるほうが手続きも少なく

採用しやすいはずです。





コネ無いし、もうワーホリ取れへんし、どないせえっちゅうねん!


っていう人、裏技です。


金に物を言わせます。


各スキー場、各スキースクールがインストラクター養成コースをやってます。

安いので3000NZD(約25万円)ぐらいから高いのは15000NZD(約120万円)ぐらいまで

4週間ほどの物から1シーズン通しての物まで、様々なコースが用意されていて

それを受講して、NZSIAの資格を取得します。

Level1~3まであって、Level2が取れればビザを出してもらいやすいとかなんとか。。





IMG_3413.jpg





ただし、NZのインストラクターは儲かる商売ではありません。

特に最初に数シーズン

仕事をもらえる優先順位が低いので、繁忙期はいいけど学校の休みが終わって仕事が減ってくると

なかなか仕事をもらえなくなってきます。

最低限生きていくのに必要な分は稼げますが、それ以上は望めへんので

北半球の冬である程度稼げる、もしくはとにかくスキーがしたいという人にしか

長く続けるのは難しいかも。


それでもNZでインストラクターとして1シーズンでも働いてみるのはいい経験になると思います。

世界何十カ国からスキー馬鹿が集まって、それをシェアできる環境なんて

ここ以外無いと思います。





英語力 ですが、まずはとにかく気にせず

辞書でもなんでも使って応募して、スカイプ面接まで漕ぎ着けることが大事やと思います。

ここだけの話、こいつの英語力で大丈夫か? って思うイントラ、結構います。笑






最後に、ニュージーで働くための

毎シーズン応募

コネ作り

NZでの資格取得




の三つじゃないかなぁと、わたくしは思います。

ちなみに自分は今回が3回目の応募でした。





IMG_3308.jpg


英語力も必要ですが、それ以上にスキーに対するモチベーションが重要です。

興味のある人は是非チャレンジしてみてくださいませ。








毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っています。

《現在67カ国訪問済み》 今まで訪れた国の記事はカテゴリーからご覧下さい。

ランキングにも参加しているので、
是非とも【世界一周】と書かれた下のバナーを クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する