ツェルマット/Zermatt スキー旅行記 16' Ep.4

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ツェルマットで宿に泊まる時はいつもここ

Hotel Bahnhof

ツェルマット生まれツェルマット育ち、現在は山岳ガイドの絵に描いたようなツェルマット人

ファビ/Fabi が営むお宿。






IMG_5121.jpg

ツェルマット出発の日は大雪で大変でした。。。


そのファビの宿は村で一番安いので

バックパッカーなんがも良く泊まってるのですが

今年も卒業旅行でツェルマットにきた二人組に遭遇

イタリアへ向かうということで乗せていくことにしました。







IMG_5120.jpg

ヨーロッパ人は学校卒業すると半年から長い人で2〜3年ぐらいは旅行して回るんですが

やはり日本人の学生はそうもいかないようで

短い期間の中で色んなところを周るのだとか。


良識ある社会人としてのレールに乗り損ね、全然違った方に走ってしまった yskとしては

疑問に思うことだらけですが

毎年会う大学生みんなそうなんだから、これが日本のスタンダードなんだろうなぁと改めて、そして強く実感。






IMG_5119.jpg

自分がその歳やった頃、、、なんて比べると

良く本に出てくる「ダメな上司の条件!」みたいなのに該当しそうなのでやめときますが

総じて大学生ってのはやはり夢があるように感じます。

特に男の子は頭の中が現実的でないし、だからこそ色々膨らむのもがあるんやろうし

会話の内容ですぐに大学生かなってわかる差があるんですよね。

これまたヨーロッパ人と違うところ。


日本は学生と社会人の差がものすごくはっきりしているけれど

ヨーロッパでは学生と社会人の差が曖昧で

会話の内容だけでは学生なのか社会人なのかがわからないし

そもそも学生という単語はあっても「社会人」とか「社会に出る」とかってことを

こちらの言葉で表現する単語が無い。

そしてそういう会話にもならない。


国ごとの子育ての違いなんでしょうが、ヨーロッパ人と日本人の大学生との思考の違いがとても面白い。

それが大人になってどう影響してくるのかは、僕らがもっと歳をとってからしかわかりませんが

非常に感慨深く、楽しみなことの一つ。


それにしてもヨーロッパに来た頃の自分も含め、日本人ってヨーロッパのこと知らなさすぎると思う。



毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っています。

《現在67カ国訪問済み》 今まで訪れた国の記事はカテゴリーからご覧下さい。

ランキングにも参加しているので、
是非とも【世界一周】と書かれた下のバナーを クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する