東ティモール/Timor Leste 旅行記 16' Ep.4

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

R0011360.jpg

高級な車は大体、政府関連か国連関連

民間人で乗ってるのはマフィアぐらい

ま、政府関係者≒マフィアか






R0011361.jpg





R0011362.jpg

こうしてフルーツを売り歩く人が街のいたるところにいる

中にはビンやペットボトルの飲み物を売る人も

露店やこういう商売ができるのもある意味国を測る一定の基準になる

ようは税制度がどれぐらいしっかりしているのかというところ

国によっては飲食店のライセンスや、店の中の構造とかまでうるさいところもあれば

発展途上国では全く関係ない。

お金がある国ほどうるさく細かくできるし

無い国ほど自由奔放にできる。

戦後の国が出来上がっていく段階やから、貧しいし夢も希望も無いように見えるけど

ある意味ほとんどの人たちが同じところからのスタート、裸一貫やから

頑張れば頑張った分だけ伸びしろがあるようにも思う。

完全に出来上がってしまった社会の中で裕福な人、貧しい人、自分の生まれた環境で

先の選択肢が決まりやすい社会とは180度違う

今の自分の頑張り、頭の使いようで、いくらでも差がつく可能性もある。

なんとなく「これから僕達がこの国を作るんだ!」と意気込んでいたコソボの少年を思い出した。

あれからもう7年、何してるんかなあ。。。





R0011366.jpg

これで3.5USD

食べ物が2USD、コーラが1.5USD

こめ、野菜の炒め物、鶏肉の甘辛く煮たもの






R0011335.jpg

生活排水は垂れ流し

上下水道もままならない国で、これを綺麗にしてから流せっていう方が難しい

それでもこうやって海を汚すと観光客が来ない。

悪循環というのはなかなか抜け出せないもの

この水はここから、、、、






R0011367.jpg

こうやって非常にナチュラルに海へ流れ込んでいきます。

地元の人は平気で泳いでるけど

先進国から来た人が泳げばすぐにお腹を壊すぐらいの破壊力があるらしい

バリベリーなんて言葉もあるし、スリランカでサーフィンするとお腹壊すとか言うけど

ここはそれを遥かに超えてる気がする。

なんてったって臭い。。。

この鼻を刺すような汚臭をどうにかしないとなかなか観光誘致はできひんやろうなぁ






R0011369.jpg

夕食は豪華にバイキング!

というか宿から一番近いところ

夜道は歩いてもそれほど危険は感じなかったなぁ

街中やからかな?

街灯なんてものはほとんどないので、やはり女性の一人歩きは控えた方がいいかも。






R0011368.jpg

6USD+1.5USD

野菜がたっぷりあるのが嬉しい

一見パラオのように赤土の土地に見えるけどそうでもないんかな?

自国で野菜を作ってるのやとすると、それは素晴らしいことなんやろうけど

なかなかそこまで進んでるようにも思い難い。


日本という国土は本当に豊かやと感じされられます。






毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っています。

《現在71カ国訪問済み》 今まで訪れた国の記事はカテゴリーからご覧下さい。

ランキングにも参加しているので、
是非とも【世界一周】と書かれた下のバナーを クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する