オーストリア/Austria スキー旅行記 17' Ep.4

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

IMG_0298.jpg

yskがいつも泊まる宿のいつも泊まる屋根裏部屋からの朝景色

Haus Ulrich

B&Bで1泊1万円ぐらい

決して安くはないけど、時期と立地を考えるとまずまずのお値段。




IMG_0307.jpg

何よりここの朝ごはんがいつも美味しい

1日の始まりを美味しい朝ごはんで気分良く始められるのは何にも代えがたい。







DSCF0916.jpg

この広大なスキー場(ちなみにこれは隣のオーバーグルグル/Obergurgl)を

どうやって運営しているのかはわかりませんが

毎年来るたびに新しい設備が投入されているのは間違いない。

過去5年でリフトが5箇所は変わってる。

すなわち毎夏、何かしらの設備投資を行なっていると言うこと







IMG_0327.jpg

一体なんだよ、このゴンドラ乗り場

右下にちーっちゃく人が見えるのわかります?

ゴンドラは26人乗り




IMG_0297.jpg





IMG_0301.jpg

日本も一時期スキー場がバブリーな

スキーをしてない人が非国民かと思うような

それぐらい猫も杓子もみんながスキーをしていた時代があったはず

もちろんお金も回っていたはず。


その時代を経て、今のこのスキー人口激減、スキー場閉鎖の相次ぐ現在

このスキー大国との違いはなんですか?


確実に何か日本では行われなかった、ここでは行われていることがあるはず。



スキー場の経営、スキー協会の運営、それらを取り巻くスキー業界関係者

何もしなくてもお客さんが来てくれる時代に何もしなかったから

何かしないとお客さんが来てくれない時代に突入しても何もできずにお客さんが来ない

要は時すでに遅しってことになってませんかね。

ごく一部のスキー場に限っては、何もしなくて外国人がわんさか来てくれてるんですが

またバブルスキー時代の二の舞にならないかと思ってしまうほど

そのごく一部のスキー場の設備や、それを取り巻く人たち、日本スキー業界の外国人に対する対応

首を傾げたくなるようなことが多すぎです。

かといって一介のインストラクターにすぎない ysk がどうにかできることでもないけど

外国人という切り口でやっと日本のスキー界が盛り上がれる可能性を見出せているのに

それをみすみすとこのチャンスを逸してしまわないかと少し残念な気持ちになることがよくある。


でもこれってスキー界に限ったことじゃないんですよね。

日本人の悪しき伝統でしょうか






IMG_0308.jpg

オーストリアに来ると、スキーの素晴らしさを改めて理解させてもらえる

設備、環境、スキーへの熱意を含め、オーストリアという国がどれだけ

このスポーツに力を入れているのかがわかります。

お金だけじゃなくて、純粋にこのスポーツが好きな気持ちがわかります。






毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っています。

《現在74カ国訪問済み》 今まで訪れた国の記事はカテゴリーからご覧下さい。

ランキングにも参加しているので、
是非とも【世界一周】と書かれた下のバナーを クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
 スマホ版でご覧の読者さま、写真がきれいに見れるのでよければPC版でご覧下さい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する