FC2ブログ

スウェーデンライフ in ウメオ ”ベジタリアンと食と味覚”について考える編

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ベジタリアンと言う物の存在を知ったのはカナダに行ってから。



北米でいうところのベジタリアンはいわゆる”Vegan”ヴィーガンを指す事が多いが

ヨーロッパではベジタリアンというと”肉”を食べない人たち

乳製品や卵は食べるけど、魚や動物は食べない

もしくは肉のみ食べず、魚を食べる人




スロベニアでもベジタリアン(ヴィーガンを含む)はいたし

モナコにも

イタリアにもいた


もちろんスウェーデンにもいる


多い順番で並べてみると

1、スウェーデン

2、カナダ

3、スロベニア

4、モナコ

5、イタリア


モナコとスロベニアは良い勝負かな、イタリアはダントツにベジタリアンが少なかった

逆にスウェーデンはダントツに多い


そこで自分なりに考えた結論が


”食文化の乏しい先進国ほどベジタリアンが多い” (いちゃもん大歓迎です)



決してけなしているわけではありません

食べる物を扱う仕事に就いてるので、真剣に考えたらこうなりました。




***スウェーデン***

スウェーデンは元々荒れた寒い土地で作物が育ちにくく

バイキングの子孫でもある彼らは肉食のはず


それが近代化とともにエコやビオやベジタリアンに熱心になってきたのでしょうか

元々食文化が乏しいので美味しいと感じる物のラインが低めに設定されていて

ある程度の美味しさレベルを満たせばOKだと感じられるので

ベジタリアンという動物性の旨味ゼロの食事へのシフトも容易だったんだと考えました。


カナダ人もこれに然り。



***スロベニア***

彼らは彼らなりの食文化を持っていますが、ほとんどが肉料理

最近まで戦争やら紛争やらでそれほど豊かでは無かった国なので

まだベジタリアンという物を取り入れる人がそれほど多くないのでしょう


それに他の発展途上国の人たちはそんなこと言ってられない現状です。


ただスロベニアに関してはこれから先もっと発展していけば今以上にベジタリアンが増える可能性を秘めていることは確かです。




***モナコ***


この国は完全にフランス料理の影響を受けているので

ベジタリアンはほとんどいません。


イタリア然り

世界に誇れる食文化を持つこの国はやはり圧倒的にベジタリアンが少ない気がします。

もちろんいることはいますが、他の先進国に比べれば少ないのは間違いありません

遺伝子に動物性の旨味を活かした美味しさが組み込まれてでもいるんでしょうかね。




どこの国でも共通して言えることは

”年配の人ほどベジタリアンが少ない”
ということ


これが結構面白くて

若い人ほどベジタリアン率が高くなります


これはきっと近代化してメディアが発達して

動物愛護やエコロジーなどを謳う企業やCMや番組などが増えたことに所以してるんじゃないかと思います。



生まれた時からそういう環境のもと育つと何の抵抗も無くベジタリアンへシフトしていけるんじゃないでしょうか。






人間も動物です。

長い歴史の中で他の動物と同じように他の動物を捕食して生きてきました。

これまで積み上げられた歴史は変えることができません。

これからもそうしていくでしょう。




そこで命を食すことに罪の意識を感じそれに真っ向から対峙して考え

命によって自分たちは生かされてるということを深く理解し

自分の為に殺められた命に心から感謝して

美味しく食べて、また感謝することが

僕たちの定めではないんやろうか。

ベジタリアンの多い国に来て、改めて考えさせられました。



世界一周ブログランキングに参加しています。
10位前後を行ったり来たりしてますが、みなさんの1日1クリックでランキングが上がります。
これからもポチッと清き一票よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

No title

あたしはこっちに来てから宗教を通してのベジタリアンを見てきたよー。
同じベジでも背景が違うんやなーって思った。
あたしも改めて命をいただいとることに感謝してごはんを食べようと思います!

2010/11/26 (Fri) 10:32 | saki #- | URL | 編集
No title

イギリスの女子学生でミルクもバターもOKの自称ベジタリアンがいた。僕は彼女は
ダイエット型ベジタリアンだと理解していた。昔ビジネスで会ったインド人の大富豪
は完璧なベジタリアンでマヨネーズもビーフコンソメスープもとにかく動物性食品は
絶対だめ。今年スロベニアで学校が一緒だったオーストラリア人の若い女性も完璧
なベジタリアン。日本の食べものでは「わらび餅」が大好きと言ってた。だけどチョコ
レートは大好きと言ってたなあ。チョコレートってミルク使うんじゃなかったっけ?
いったい彼ら彼女らはどういう料理を食べてるのかなあ?野菜サラダ、野菜てんぷ
ら、野菜コロッケのようなフライもの。いつも苦労した記憶がある。これさえ準備して
おけば、というベジタリアン料理って何?

2010/11/26 (Fri) 15:39 | coloradomoon #- | URL | 編集
Re: No title

Saki>宗教上の食制限はまた違うもんやと俺は思ってる。
どっちにしろ、自分の好きなもんを食いたいよな~w

2010/11/27 (Sat) 09:49 | ysk44 #nft/jt/c | URL | 編集
Re: No title

>coloradomoonさま

> イギリスの女子学生でミルクもバターもOKの自称ベジタリアンがいた。
これはいわゆる一般的な”ベジタリアン”って人たちですよね。

> 昔ビジネスで会ったインド人の大富豪は完璧なベジタリアンでマヨネーズもビーフコンソメスープもとにかく動物性食品は絶対だめ。
これがいわゆる”ビーガン”って人たちですよね。

どちらも僕は得意分野じゃありません。
ビーガンに対しては卵を使うため天ぷらも上手くあげれませんし大変です。
通常のベジタリアンには乳製品と卵が使えるのである程度バリエーションが出せます。
強いて作るなら昆布だしや味噌を使った料理ですね。 よく賄いで作ってるのはナスやズッキーニ、人参などの余りもの野菜をサッと油に通して軽く火を通してから、味噌を味醂、酒、昆布だしで割ったタレと一緒にフライパンの上でサッと絡めてあげて仕上げにごまをふります。こんな感じの料理であれば余り物でも美味しく食べてくれますし、色んな物で応用が効きますよ。でもやっぱり僕の作りたい料理ではありません。本当はそこに豚の細切れなんか入れたら全然味が違いますから。

2010/11/27 (Sat) 09:58 | ysk44 #nft/jt/c | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する