西アフリカ陸路移動記/Western Africa Border Crossing Ep.7

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

今回の旅の主な陸移動 May 2017


セネガル・ダカール/Dakar Senegal
 ↓ Ep.1
ガンビア・セレクンダ/Serrekunda Gambia
 ↓ Ep.2
セネガル・ジガンショール/Ziguinchor Senegal
 ↓ Ep.3
ギニアビサウ・ビサウ/Bissau Guinea-Bissau
 ↓ Ep.4 
ギニア・コナクリ/Conakry Guinea
 ↓ Ep.5
シエラレオネ・フリータウン/Freetown Sierra Leone
 ↓ Ep.6
シエラレオネ・ケネマ/Kenema Sierra Leone
 ↓ Ep.7 この記事ではここ! This route!!
リベリア・モンロビア/Monrovia Liberia

*費用は一番下に記載




ケネマからジェンデマ国境




DSCF2983.jpg


5:50 宿出発 案外ちゃんとオカダが来た。

そういや昨日の夜中、ものすごい雨の音で起こされたなぁ。雨が凄かったのが屋根がしょぼかったのか。。



6:10 昨日降ろされたところとは別の

ちょうどクロックタワーの裏側ぐらいにあるガレージに連れて行ってくれる。

車は2秒で見つかる。やっぱり四駆か。

そう、この道が世界最悪と聞いてる。。。




DSCF2980.jpg





DSCF2985.jpg





DSCF2984.jpg


麦がゆ食って、コーヒー飲んで気長に待つと案外早く呼ばれた。






9:20 出発

おしがけ車で世界最悪と名高い道を行くんですか?!苦笑

しかもバックで押しがけ、アプレンティス無し???と思ったらリアゲートのタイヤにチョコンと座ってた。

8人乗りに大人11人子供3人

俺は助手席にケツのデカイ姉ちゃんと一緒に座らされる。




DSCF2979.jpg


ケネマ内も道が悪ので、さきほど天井に俺の荷物と一緒に括り付けられてた

この先の集落に密輸するんであろう飲み物、食い物が重すぎるのか、既に結構サスの底を突いてる。

この先ホンマに大丈夫か。





9:40 早速1度目のストップ

荷物のくくり直しらしい。





9:50 再出発



10:00 チェックポイント その1

助手席に2人で座ってるのにシートベルトをしろと言われる。

とりあえず引っ張ってケツの下に挟んでみたら「そうだ、そうだ。」って、これ、何の意味あんねん??(笑)





DSCF2999.jpg







DSCF3012.jpg


道沿いにはポツポツと集落がある。電気は通ってなさそう。

アフリカに来て以来、これだけ厚みのあるジャングルを通るのはこれが初めてかもしれない。

こんな高い木を見たのも初めての気がする。

ドライバーはハイローとブラインドでのクラクションを上手く使い分けながら走って行く。





10:30 ハイローのシフトノブが取れた(笑)

ごく当たり前のことのように付け直した。(笑)






11:00 突然車が脇のブッシュに突っ込んだ。

その前に横転した車を見かけたとこやから、真剣に横転を覚悟した。

まだ殺さんといてくれ。





DSCF3022.jpg


降りて確認するとタイヤが明後日の方向向いてる。ロッドでも折れたか??

どうやらロッドを固定しているボルトが折れたみたいで、ボルト交換だけで済みそう。

ロッド折れたんじゃなくて良かったぁ。。。




DSCF3027.jpg







DSCF3030.jpg







DSCF3031.jpg






DSCF3032.jpg







DSCF3035.jpg







DSCF3033.jpg







DSCF3036.jpg

ラジエターのクーラント補給






11:30 再出発

水溜りというか、小さな沼がたくさん出来てる道を通っていくんですが、深さが分からないからより一層怖い。

もしこの中で止まってしもたら?とか考えてしまう。

ほとんどが浅いからいいけど、たまに深いのがあって車体の傾きが

自分の許容範囲のバロメーターを一瞬で振り切る時がある。苦笑

このルートは肝が冷える。







DSCF3041.jpg



12:00 昼食休憩 kokoru

12:20 出発

なぜ裏道ばかり走る??

GoogleマップのGPSをオンにしてるので現在地はわかるけど

どうみても主要道路ではなく裏道を通ってるけど、きっとこっちの方が通りやすいんやろうなあ。


内戦で道が破壊されてるとかかなぁ? なんて考えながらひたすらドアにしがみつく。

DSCF3046.jpg







DSCF3047.jpg







DSCF3048.jpg







DSCF3054.jpg







DSCF3066.jpg







DSCF3067.jpg







DSCF2989.jpg



12:35 チェックポイントそのに

ドライバーが少し賄賂を渡していた。

値切り倒して半ば強行突破。







DSCF3040.jpg

13:30 ジャングルのど真ん中の集落で1人降りて行く。

ホンマに人住んでるんや。

ほんでやっぱりこうやって都会との往来するんやなぁ。。

ドライバーはホンマよくクラクションを鳴らす。

大阪の下町で運転したら脇からおばちゃん飛び出てくる。あんな感じでジャングルから人が出てくる。(笑)




DSCF2997.jpg





14:40 チェックポイント そのさん

スムーズ






14:50 Zimmiでイミグレって書いてる建物を通過。



IMG_1673.jpg


パスポートチェック無し

少し走って別の建物で降ろされる。ここもイミグレって書いてる。(笑)

記帳だけしてスムーズに通過

ここはインランドのイミグレやと、よく分からん説明を受ける。

Zimmi を、抜けてから道がすこぶる良くなった。

いや、決して良いわけじゃないんやけど今までが悪過ぎたせいできっと麻痺してる。

また1人、建物が8軒しかない集落で降りて行った。






15:45 乗ってる子供のオムツ交換に小休憩

この辺りからまた道が悪くなってきた。

でも国境は遠くないはず。





16:30 チェックポイントその五

難なく通過




DSCF3070.jpg


Fairo というジェンデマ一歩手前で密輸してきた荷物の半分を降ろす。

中身はジュースかや、ナイロン袋に入ったウイスキーなどなど。






17:10 チェックポイントその六

難なく通過

多分ジェンデマに入った。







ジェンデマ国境




DSCF3073.jpg



17:15 到着 国境

ジェンデマのガレージではオカダが集ってきて「国境は遠いから乗っていけ!早くしないと閉まるぞ!」

と吹っかけてくるが、荷物をそそくさと荷物をゲットして歩き出す。






DSCF3071.jpg


もしオカダを使った場合は3,000SLLぐらいが相場のような気がする。

両替商がいるので20euroを2,200LDに両替してもらう。今日の公式レートより良いけどなんで?(笑)

きっとレートの更新が毎日じゃなくて月一とかなんやろうな。。


5分ぐらい歩いたところで一緒にきたリベリア人の姉ちゃんが財布を車に忘れたと

焦って荷物を全部押し付けてオカダで戻って行った。

待ちぼうけ。

あと30分で閉まるんですけど。。。




IMG_1674.jpg



17:40 道から左に逸れたとこにある建物で記帳。出国手続き完了。賄賂無し。

その後、同じ建物内で3部屋立ち寄らされる。

イエローカードチェック有り

どこも柔らかく賄賂要求してくるので、軽くいなす。






17:55 汚職の巣窟から脱出

ギニアの1000倍マシ

少し歩くと国境の川に架かる橋。






DSCF3076.jpg







DSCF3074.jpg






DSCF3077.jpg


歩いて渡る国境はいつ通ってもイイね

リベリアイン



18:00 チェックポイント 道の右側でパスポート記帳、賄賂無し。

出ると向かい側の道路下にあるイミグレオフィスに向かう。






18:03 ちょうど国旗を降ろすところに遭遇し、笛とともにその辺りにいる人は全員動きを止めて静止する。

そこらへんしっかりしていることに小さな驚き。






18:05 リベリアイミグレ 窓口型でしっかりしてる。

パスポートを渡して行き先などを聞かれスムーズに返却してもらう。

イエローカードチェック無し

ここで残っていたレオンを両替

27,000SLLを270LDこれまた結構良いレートのような気がする。







国境からモンロビア





DSCF3081.jpg


18:15 タクシー捕まえる 500LD

18:18 出発 国境の開いてる時間は乗合タクシーが頻繁に出てそう。






18:20 出発




DSCF3080.jpg

リベリアは完全舗装路






18:30 チェックポイントその一

全員降ろされてパスポートチェックと記帳






19:15 チェックポイントそのニ

パスポートチェック無し






DSCF3082.jpg



19:40 チェックポイントその三

パスポートチェック無し





DSCF3079.jpg




19:55 チェックポイントその四

パスポートチェック有り

全員下車して記帳

結構しっかりチェックされた。







DSCF3083.jpg



20:15 再出発

アフリカに来て久しく夜空を眺めてなかったけど、こうしてじっくり眺めると

アフリカの夜空はどの国でみた夜空よりも黒い気がするのは差別心からか?


その黒さのせいか、どの国でみた星よりも近くに感じる。

その星空へ向かってバオバブがグッと伸びていくシルエットがなんとも言えないアフリカの夜空を創りあげてる。



詰め込み過ぎの移動、どこへ行ってもチャイナ!と怒鳴られ、誰一人信用できないこの土地

嫌な思いしかしてないのに何故か嫌いではない不思議。



なんて、こうして気持ちにゆとりを持って星が眺められるのも、舗装された道を走ってるおかげ。






21:05 モンロビアに到着

すぐに街へ向かうタクシーを拾って宿まで向かう。

今回はシエラレオネで散財したのでカウチサーフィンで節約したい邪な気持ち。

タクシーで市街まで向かい、バイタクに乗り換えカウチホストの家の目の前まで行く。

ホストの分かりやすい説明のおかげで今回久しぶりにスムーズに宿の前まで来れた。







21:30 到着

自己紹介がてらホストのセバスチャンと少し話して就寝。

彼はここでルーサー派の学校の責任者をしてるらしい。

養子をとって15歳のリベリア人の息子がいる。







料金&時間/Price&Time


ケネマからジェンデマ国境まで 7h 55min
Kenema-Border(Jendema) by 4WD Bush SUV 90,000SLL+5,000(bag)

国境からモンロビアまで 2h 50min
Border-Monrovia By Bush Taxi 500LD+50LD

モンロビアガレージから市街まで 15 min
Garage-Town Centre by Taxi 40LD

市街から宿まで 10min
Town Centre-Accommodation by Bike Taxi 30LD



合計費用 2,170円
Total cost 19.50USD



出発 5時50分 Departed 5:50
到着 21時30分 Arrived 21:30
合計 15時間40分の旅 Total travel time 15h 40min



毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っています。

《現在81カ国訪問済み》 今まで訪れた国の記事はカテゴリーからご覧下さい。

ランキングにも参加しているので、
是非とも【世界一周】と書かれた下のバナーを クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
 スマホ版でご覧の読者さま、写真がきれいに見れるのでよければPC版でご覧下さい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する