スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前半戦、5戦5敗

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

R0015932.jpg

”ロンドンカフェ”

ミンスク駅を背中に左方向に歩き

大通りに出たら右へ

200~300m歩くと右手に日本食屋が見えてきます。

そこを素通りして100m行くと右手に化粧品屋があり

その化粧品屋に向かって左手隣にある小さなカフェ

パスワードは [ havanaclub ]


英語が通じなくて苦労しましたが、なんとか注文完了

カフェラッテとチーズのパイで約2.5ユーロ(300円)

これでネット使い放題はかなりイケてます





R0015935.jpg


ロンドンカフェで休憩を挟んだものの前半の戦績は5戦5敗

さすがにここまで断られたことは無かったのでビックリですが、そこは気を取り直して

後半戦は2戦2勝






R0015940.jpg


ただ、寒さのあまりカメラがちゃんと動作せずピントが合わない。。。 (マイナス15℃のなか3時間)

なんでこんな時に限ってそんなことになるかな~

せっかくのベラルーシ美人がピンボケ!








前半と後半を比べてベラルーシ人について考えてみた。


前半は人の多い場所やったけど後半は人通りの少ない場所でお願いしてみることにすると意外とアッサリOK


英語が通じなくても笑顔は通じる


駅で英語が通じなくて困ってると、英語の話せる人が助けてくれる(極稀に英語話せる人が居ます)



以上のことから

ベラルーシ人=親切な恥ずかしがり屋


と定義します。


言葉の問題さえクリアすればかなり仲良くなれるんじゃないかな

言葉が出来なくてもとっかかりさえ上手く行けばある程度は仲良くなれるし

ロシア語さえ出来ればかなり楽しめそうな国


そういえばミンスク行きの電車でとなりに座ってたドイツ人が

「独裁国家で他の国を全く知らないから興味津々だよ。家に招かれて凄い豪華な食事をさせてもらったことがある」

なんて言うてたな~


きっと好奇心もあるし、親切なんだろうけど

なにせ始めてみる外国人なもんでどうしていいか分からない

しかも言葉も通じないもんで、結果声をかけても困って無視してしまう

ってことになってるんじゃないでしょうか。



前半の印象とは打って変わって後半はかなり好印象

ロシア語を勉強することがあればまた行ってみたいと思った国でした。白いロシア、ベラルーシ


ミンスクから夜行列車に乗り込み、向かうはキエフ


世界一周ブログランキングに参加しています。
10位前後を行ったり来たりしてますが、みなさんの1日1クリックでランキングが上がります。
これからもポチッと清き一票よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

写真

後半2戦2勝立派!なかなかいい女。連敗続きでもメゲずに頑張るところがいいね。それよりベラルーシの入国審査官の写真よく撮れたね。見つかったら国外追放にならないの?それともいい女だから撮った?英語通じなくても、豪華料理をごちそうになれますように。日本食屋もあるんだ。日本人いるのかな?

2010/12/08 (Wed) 01:33 | #- | URL | 編集
Re: 写真

せっかくビザまで取って行ったのに坊主は情けないと思って頑張りました。
日本食屋は日本人どころか英語すら通じませんでしたよ。
入国審査間の写真はコッソリ隠し撮りです。見付かったら多分その場で削除させられるか、デジカメごと取り上げられるかどっちかでしょうね。横暴で有名なウクライナの審査官なら取り上げてたかもしれませんね。

2010/12/08 (Wed) 09:05 | ysk44 #nft/jt/c | URL | 編集
No title

ベラルーシってロシア語やったんや!
でも面白い定義発見やな◎
日本も英語通じんし、かなりシャイやけど、実は親切やと思うし、やっぱ両国ともに鎖国柄が出とる気がする~

2010/12/09 (Thu) 12:30 | saki #- | URL | 編集
Re: No title

saki>ベラルーシ語もあるけど、ほとんどの人がロシア語話せるみたい。
社会主義の国って民主主義の国と違う面が多くて面白い

2010/12/10 (Fri) 02:56 | ysk44 #nft/jt/c | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。