タンジール/Tanger

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

R0016321.jpg

分かる人には分かるはず!




タンジールに到着してまずは深呼吸。

気分を落ち着かせようとおもったのに、生温いアフリカの空気を思いっきり吸ってしまい逆に嘔吐しそうになる。。



チケット売り場に行って帰りの便を確認すると

「ノー!!」


と一言だけ。なんのことか分からんので取りあえず英語話せそうな人に片っ端から話しかけ

事情を聞くと来た時と同じように荒れてるので運航を見合わせてるそうな。




見通しが立つのが1時間半後ぐらいらしいと言う事なので街でも見に行こうかと考えていたところ

寸分狂わぬナイスなタイミングで

「タクシー?」

さすがマロッキーナ 怪しい。


でも体は重いし、時間もあんまり無いので普段なら無視するところやけど、ナンボか聞いてみる事に。

「街まで片道5ユーロ」

 「往復は?」

「往復なら10ユーロ」

 「街案内も出来る?」

「それなら20ユーロだけど?」

 「・・・・・・・・」

「今日は雨やし特別18ユーロにしといてやるよ!」

 「・・・・・・・・・・・・・」

「15ユーロでいいよ。」

 「ありがとう!!」




R0016320.jpg


一通り街案内をしてもらう。


R0016323.jpg

爆発したとこです


途中までは絶対お金請求されると疑ってたけど結局なにも請求されなかったのでホンマに良い奴やったんかな。

それとも観光客の心理を突いた商売か?

R0016324.jpg

色んな国の植民地になっていたので、色んな国の国旗が立っている



どっちにしろ、十二分にお金を払うに値するサービス内容やったと思う。

R0016335.jpg



R0016337.jpg

ここをジャンプして飛び越えていったらしい



R0016339.jpg



R0016340.jpg



1時間後フェリーポートに戻ると、悪天候のため本日の欠航が確定。

オー・マイ・ガー


スペイン側で宿を予約しておいたのに。。。 

仕方なく、街案内してもらった奴にまた案内を頼みホテルへ連れて行ってもらう。


R0016342.jpg



R0016333.jpg



R0016330.jpg




ツインで150ディルハム 15ユーロ これってモロッコにしては高いのか?

部屋に入って軽く横になって思い出したけど、そういえば一連のトラブルのせいか、頭痛が収まってる。



R0016347.jpg



食欲も出てきたので仮眠を取った後、夜の街へ繰り出す。

やっぱりこの街も聞いていたほど危なくない。ある程度の注意さえ払っていれば大丈夫やと思う。



R0016351.jpg




適当に入ったスタンドバーでレバーの炒めたやつとパンを食らい、コーラを頂く。

店は極めて不衛生でケースの中のレバーにはハエがたかってるし

水でちゃちゃっと洗っただけのやつを汚いエプロンで拭いてその上に炒め物をのせる。

コーラのグラスも軽くドブの匂いがしてコーラの甘さとミスマッチ過ぎる。


R0016352.jpg

炒め物が2.5ユーロ

コーラが50セント



でも何故か、嬉しくなる。


ヨーロッパに慣れ過ぎたせいか、ヨーロッパ内どこへいっても新しい土地へ来た感じがしなくなっていたところ

このモロッコでは今までに無い新たな感覚がある。

やっぱり旅にはこういう感覚というか刺激が欲しい。

意外と欠航してくれて良かったかも。


R0016356.jpg


臭い晩飯のあとは路地に突っ立ってサッカー観戦。 結果0-0


夜街を歩いて食事をして気付いたのがイスラムの精神? 施しの文化?

スーツ姿の紳士から小汚いホームレスっぽい人まで店に入ってきてグラス一杯の水を出て行く

もちろんお金は払わない。


R0016327.jpg




どういう仕組みなのかは知らんけど、必要な人に与える事は良い事とされる

イスラムの教えに基づいたものなのか?

とにかく見ていてこっちが気持ちいい。

ホテルに戻り寝る準備をしていると、凄まじい音で雷が鳴ったと思ったら

間髪入れずに会話も出来なくなるぐらいの激しい豪雨。


明日のフェリー大丈夫かな。。。 さすがにそれだけはミスりたくない。


ベッドに潜り本読みながら、3日ぶりのゆっくりとした睡眠へ。

夜中3時、豪雨と雷で目覚めトイレに行って、朝までにはやんでくれるよう祈りを捧げまたベッドに戻る。



あー、今回の旅はアクシデントが多い


世界一周ブログランキングに参加しています。
順位が上がるとブログを書く気が出るので是非ともポチッと清き一票よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する