ベネチアンゲットー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ヨーロッパを旅すると必ず目で、耳で、肌で感じる事になる人種 ユダヤ


ベネチアにも彼らの居住区”ゲットー”があります。


ヨーロッパでもかなり古いらしく1500年代からのものらしいです。


元は”ジェットー”と呼ばれていたのを後から来たドイツ人が間違えて”ゲットー”と呼び

それが今に至ってずっと”ゲットー”と呼ばれている所以だとか。



365日観光客で溢れ返っているベネチアにしては静かに佇む場所


R0016850.jpg

ポンテ・デ・ゲットー・ノボ

これが入り口の橋

両脇にあるのは元監視小屋

こうやってユダヤ人のゲットーからの出入りは管理されていたらしい。





R0016852.jpg

この落書きにはなんとも言えん気持ちにさせられたなぁ・・・

敢えて訳は省きます。 悪しからず。



R0016853.jpg

カンポ・デ・ゲットー・ノボ

ゲットーの中の広場



R0016854.jpg

広場全容






R0016858.jpg

シナゴーク1






R0016861.jpg

シナゴーク2



上の写真2枚の共通点分かりますか?






R0016860.jpg

今もここにはユダヤ人が住んでいます。




R0016862.jpg

やっぱりこういうものが無いと、この21世紀でも安全に暮らされへんのかと思うと

いたたまれへん気持ちにさせられる。。。。。





R0016863.jpg

仕事せんかい!


橋の上で携帯で喋ってるのはイタリアの警察

汚職で有名





R0016865.jpg

ユダヤ人も洗濯物はこうやって干すんか






R0016868.jpg

シナゴーク3


あんまりこれがインパクト強かったので撮ってしまった





R0016870.jpg

ユダヤ菓子





R0016872.jpg

さっきの橋が入り口で

こっちが出口のような感じ




R0016874.jpg

反対側から見るとこんな感じ。

いかに彼らが閉じ込められていたか、

今も閉じ込められているかが少し分かったような気がした




ユダヤの問題はどうやったら終息へ向かえるんやろうか・・・




世界一周ブログランキングに参加しています。
順位が上がるとブログを書くやる気が倍増するので是非ともポチッと清き一票よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村









スポンサーサイト

コメント

No title

個性的な旅への姿勢・行動にいつもわくわくしながら読ませて頂いています。
(語学が御堪能なところも、いや、憧れてしまいます。)
と同時に短期だから仕方ないとは言え自分の表面的な旅に、我ながら少しがっかりしたり。
去年の今頃行っていたベネチアも然りです。
そこで厚かましくお願いなのですが…
・トップの落書き画像の訳
・シナゴーグ1/2の共通点
・シナゴーグ3に書かれていることをざっくり
…知りたいのです。他力本願な質問ですみません。

2011/02/06 (Sun) 11:32 | 愛読者です #- | URL | 編集
Re: No title

愛読者さま>コメントありがとう御座います。僕の旅はちょっとユニークかもしれませんね。ただ一般受けするような旅はしてないと思います。。。w
さて、ご質問ですが落書きの写真は説明無しということでご勘弁下さい。
シナゴークの写真は窓が5つです。窓が5つ並んでるのがシナゴークですよという目印です。
シナゴーク3の内容は、、、まぁ、ここで起こった事を忘れないように、と言ったものです。
僕にはここに書いてある事を理解する程度の語学力はあっても、これらをきっちりした日本語に翻訳できるほどの語学力はありませんので、これぐらいしかお伝えできません。やっぱりこういうものはきっちりと人の心に響く言葉で伝えてもらいたいと思いますのでごめんなさい。

2011/02/08 (Tue) 01:27 | ysk44 #nft/jt/c | URL | 編集
シナゴーグ3

愛読者様:シナゴーグ3の翻訳は「Google 翻訳」を利用してみたらいかがでしょうか?正確ではないけど大体の意味は分かりますよ。「Google翻訳は」はGoogleのサイトで「Google翻訳」と検索すれば出てきます。世界中の言語を無料で何語へでも翻訳してくれるので重宝しています。Colorado Moon

2011/02/08 (Tue) 14:09 | coloradomoon #- | URL | 編集
ありがとうございました

yskさま
ご丁寧なご返信、ありがとうございました。
こちらこそ、不躾な質問攻め失礼いたしました。
yskさんのお人柄…きっととても芯があって誠実な方なのだろうなぁと
日々のblogから受けていた印象そのまま感じ入りました、またまた勝手ながら。

yskさんの旅は、暮しと旅と彷徨いのあいだのようなところに惹かれます。
旅のスタイルは人それぞれとはいえ、yskさんのようには
なかなか出来る人は居ないと思います。そこに強さを感じているのかも。

これからも楽しみに読ませて頂きます!
----------------------------------------------------------------------------------
Colorado moonさま

Google翻訳の件、ありがとうございました!
(そうですよね、現代にはその方法がありました…。)
やや不思議な訳で出て来ましたが、だいたいのことは分かりました。

長年訪れてみたいと思っていたアウシュビッツに行く前に
まつわることを少しでも多く知ってからその土地を踏ませて頂くべきではと
思っている最近でした。
過去ドイツで幾つかホロコースト関連の土地を訪れた時、
自分の予備知識の少なさを猛烈に反省しました。
ネット翻訳も駆使して旅に備えよう!と思います。
ありがとうございました。









2011/02/09 (Wed) 00:38 | 愛読者です #- | URL | 編集
Re: ありがとうございました

CMさん>説明ありがとう御座います。どうも僕はこういうことを訳すのが苦手でついつい・・・

愛読者さん>是非これからも読んで、ポチっと宜しくお願いします。
これからも読んでもらえるよう、ユニークな旅と現地生活を送って行きたいと思います。

2011/02/09 (Wed) 02:46 | ysk44 #nft/jt/c | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する