シェムリアップからラオスのパクセーへ by BUS

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

R0023718.jpg


朝5時にバンでピックアップに来るからとの言葉を信じてゲストハウス前で待機してると

きっちり時間通りに来てビックリ


ちなみに泊まっていたのは 6号線沿いにある Jasmine Lodge でドミトリーが3USD

有名なタケオゲストハウスはデポジット20USD+前払いで

ドミトリー2USdの人にはWi-Fi使わせません(使いたければもう1ドル払え)というなんともな感じだったので

隣のクロマヤマトという所に初日は泊まりました。

ドミ2USDで悪くはなかったけど、ドミには蚊が多いのと、何故かめちゃめちゃ日本人が多いので

結局ジャスミンロッジゲストハウスに移動して落ち着きました。

※後から聞いた話ですがクロマヤマトは日本人経営の日本人宿らしいです。




R0023719.jpg

オールドマーケット付近までバンで移動して銀行の前当たりにある旅行会社前に到着

ここで昨日チケットを買ったときのインボイスを見せると、本チケットをくれる仕組み


このバスに乗り込みまずはカンポンチャンに向かう

乗客は全て観光客で乗車率40%程度

日本人も自分と他に2人





R0023720.jpg

カンポンチャンでの乗り換え





R0023721.jpg

10:30

レストランの前で停まったのに飲み食いする時間もあまり与えられずさっさと乗り換え






R0023726.jpg

13:30

ランチ休憩20分


なんか今回のバスはセカセカしてる

そういや水も配ってくれないなぁ・・





R0023727.jpg






R0023728.jpg

レストランの飯が4000レアル(2USD)  高過ぎる

相場に2倍


隣でひっそりと売ってた豚まん一個2000レアル(50セント)を2個くらう

結構お腹に来るよこれ

で、水も自分で買ってスナックなんかも買っちゃって2ドルでお釣りが来るぐらい。


あの飯で2ドルは出せんぞ、おい。

と言うてもバス会社と契約して、ここに連れて来られる運命の乗客にはどうする術も無いのが現実

くぅぅぅ。。。





R0023730.jpg

16:30

アテンダントが何か喋り出す



そう言えば、ベトナムではホテル以外英語が通じなかったけど、カンボジアはどこでも通じる

ラオスもホテル以外ほとんど通じない

マレーシア、シンガポール、ブルネイは全く問題無し

ミャンマーが一番通じなかったかなぁ




R0023733.jpg

国境を超えるのに日本人は5ドル必要だと

絶対嘘やろ

と思ってもここはこいつの言う通りにしないとバスを降ろされたら困るし

取りあえず5ドル払う。


他の外人たちは要ビザとのことでビザ代35ドル+出入国費用5ドル=40ドルせしめられてたなぁ


ってことで入国カードと5ドルとパスポートをアテンダントに預ける



R0023736.jpg

17:10

国境に到着

やっぱり金を払ってる素振りは無い・・

途中から乗りこんできたカンボジア人たち(ドライバーの小遣い稼ぎ)は

さっさと自分で越えて行く





R0023738.jpg

アンテナの上で煮干し作製中w


17:30

国境通過


18:00

フォーサウザンズアイランド/4000 Islands と呼ばれる場所へ行く人たちはここから

ピックアップに乗せられ船着き場へ向かい、そこから3USDの船に乗せられて向かうらしい

街の名前はドンデンとかいったかなぁ  うん、忘れた。



21:00

パクセーに到着  所要時間16時間

ここまでほとんど休憩無し

腹は減るし、オシッコ我慢してるし大変



パクセーの市街地まではバスターミナルから2km程

まったく問題無く徒歩で行けます


ちょっと暗いバスターミナルで降ろされて、そこにトゥクトゥクが待ってるけど

乗らずにメインストリートに出れば右へ向かってマーーーーーッスグ歩いて行くだけ


あとは適当にゲストハウスを見つけて値段交渉


最安ドミで30000キープ/4USDぐらい

シングルの相場が50000キープ/6USDから80000キープ/10USDぐらい

1階が中華っぽいレストランになってるゲストハウスが一番安くて50000キープでした。




疲れたなぁ。 フォーでも食ってさっさと寝るか。



世界一周ブログランキングに参加しています。
他の人たちの世界一周とはちょっと違いますが、自分なりの世界一周を頑張っていますので
是非1日1回クリックして下さい。 皆さんのクリックと温かいコメントが旅の原動力です!!
↓  ↓  ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Category: ラオス/Laos

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する