国境について考える Ep.1

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


国境について考え出すといつも思う事があるんですが、それは最後においといて。。。。







そもそも国境ってのは政治的意味合いの強いもの、というか政治的に引かれてしまったせんやと思う。

その線を境になにが変わるって、特に無い

もちろん国境を超えて変わることも沢山あるけど、それは同時に”文化の境”を超えてるから


例えばスペインなバスク地方、カタルニア地方とあるけど

バスク地方の人たちは絶対自分のことをスペイン人と呼ばない

「俺、バスク人やで」「私、カタルニア人。もちろんカタルニア語話すわよ!」

的な感じ。



昔のスペインはこれを弾圧してたこともある

もちろんそういう全く違う文化を持つ

でも人種的には同じ人たちをまとめようと思ったらそうするしか無かったんやろう






R0016629_20120706172234.jpg

カタルニア地方の小さな街、ヒローナ  道路標識も全てカタルニア語とスペイン語が書かれている

ヒローナの記事はコチラ→
ヒローナ/Girona





今でこそ和平和平と言われる時代やからまず話し合いになるけど

結局は力に頼るしかない

力に頼る=少数派、弱者は淘汰される=弱肉強食

でもこれじゃあ今まで守り続けてきた素晴らしい文化が無くなってしまう

それを守る意味でも力だけで少数派、弱者を淘汰して行くのはよろしくない。




かと言って、少数派が独立してのこのこと国家としてやっていけるのかと思えば

そんな国はほとんどない。



アメリカが手を貸し、武器を貸し、

ってしたコソボなんて失業率50% 一人当たりのGDP2000ドル

そんな国をただただ独立を望んでるからって独立させて何の意味があったんやろうか

きっと独立させることに意味があったんじゃなくて、当時のセルビアに対する力の誇示やったんちゃうんやろうか

その為にコソボの人は担がれ踊らされ、やっと漕ぎ着けた独立の先に待ってたのは

50%の失業率と2000ドルのGDP

おまけにほとんどの国から独立を認められず、結局国際的には非常に中途半端な位置に立たされて

結局独立国なのかどうかも分からない状況


そんな中でも「僕らがこの国を作って行くんだ」と言う15歳の少年に出会えたことは嬉しかったし

あの国の可能性でもあると思う。    何も無いけど彼らにはハートがある。




そんなコソボはセルビア共和国領土に住むアルバニア系住民がセルビアから分離して作った独立国

詳しくはコチラ→コソボ




たしかに当時のバルカン半島の国々ではソビエト崩壊からの流れで独立の動きが強かったのかもしれんけど

そこで政治的思惑だけでこんな小国を踊らせるよりもしっかりと先進国の知恵を貸して

戦争せずに高度な自治権なんかを獲得出来るよう促す努力が必要やったんちゃうかな

ある意味チベットはそういうこともあり、独立ではなくあくまで高度な自治権の主張しかせんのちゃうかなぁ・・




IMG_0593.jpg


コソボ共和国  この国には何にも無い  ホンマに何にも無い、未だ。






話しはそれたけど、yskは国境よりもその”文化と文化の境目”を国境のような意識で旅すると

より旅が面白くなるんちゃうかなぁと思う。



スペインにいるのに、バスク語

セルビアにいるのに、アルバニア料理

イタリアにいるのに、電車がちゃんと来る?! 詳しくはコチラ→ボルツァーノ




R0017351_20120706172234.jpg

ボルツァーノの街並みからルネッサンスを感じることはあまり無い



R0017612.jpg

これなんか間違いなくハプスブルグ時代の城、なんてのがいっぱいあるのがイタリアの南チロル州




ってことは国境は越えてるけども、アルバニアとコソボは似た者同士

南チロルとオーストリアは似た者同士



もっと言えば、

沖縄人と台湾人の顔つきが似てるとか

南台湾人とミクロネシア人の顔が似てるとか

面白くないっすか?






血に刻まれた歴史は政治的思惑で引かれた線なんかじゃ全然別けれないんすよね、本当は。

それをどーやってでも別けたいから、力のある人はそれを無理矢理別けようとして弾圧したりするんとちゃうかな

でもそれってホンマは力のある人じゃなくて、別けないと自分の身に危険が迫る立場にいる人たちがやることで

もっと文化を尊重して協調する意志があれば別ける必要もなくなったんやろうけど

結局それってお互いの信頼関係の上に成り立つ物であって

権力や名声が絡むとそんな信頼関係はゴミみたいなもんでもあるんとちゃうかな。




RIMG1208_20120706172346.jpg

この国境は完全に文化の境目でもある。 要するにトマトとジャガイモの境目






別の国の人なのに、似た文化を受け継いで

同じ国の人なのに、違う文化の下に育って


それを尊重して、繋がりを強めて、、、、、、なんて甘い話し、今の世の中、絶対無いな!!!






要するに今日わたくしは何が言いたかって言うと、、、



大阪府は日本国から大阪自治州にしてもらうべきだということ。


ね? 橋下サーン



世界一周ブログランキングに参加しています。
普通の世界一周とはちょっと違いますが、自分らしい世界一周を目指して頑張っていますので
是非1日1回クリックお願いします。
皆さんのクリックと温かいコメントがいつ終わるか分からないこの旅とブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する