旅の観点 パート1

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

2011年度の世界の失業率ランキング




結構意外な国が上位にあったり、意外な国が下位にあったりと面白いランキングです。


旅をするときにその国に対する観点ってのはみんなそれぞれあると思うけど

失業率は結構面白い指標になる。

yskの行ったこと歩きにを例に取ってみると・・・




失業率1位のマケドニア

ここは間違いなく、失業率1位の空気を纏ってるし、国民の顔もそんな表情

街を歩いてみた感じを踏まえても1位でもおかしくないと思う。


もちろん統計の取れないぐらい混乱してる国(アルバニアとか)はデータに載ってないやろうし

そんな国の方が悪いとは思うけど、ある程度統計の取れるであろう国であること前提でいけば

マケドニアはまだ統計が取れただけいいんじゃないかと思う

その背景には国土の大きさも関係してるんやろうけど。


マケドニアの記事→コチラ





2位 ボスニアヘルツァゴビナ


街を歩いてみる人の表情や、街の活気から2位のオーラは感じられない

ながらも、この国の歴史、、歴史というか十数年前の出来事を考えれば納得の順位


この国にはハートの強い人たちが多く、どんな困難にも立ち向かえるだけの強い意志が感じられる。

それはどん底を生き抜いた経験があるからなんやろうなぁ・・・


ボスニアの記事は→コチラ




5位 セルビア

首都のベオグラードだけを見るとめちゃめちゃ意外なこの失業率

一歩都市圏を離れると大きくうなづけるこの順位

まぁこれも戦争が絡んでるのか、中央集権したくても出来ない旧社会主義体勢の国の性なのか・・。

セルビアの記事は→コチラ





と、今日はこれぐらいにしておきたいと思います。

こういう話しを書くとアクセス数がグッと減るねんなぁ・・・

相変わらず検索ワード1位は「ルーマニア 売春婦」

その原因と思われる記事は→コチラ



2012年7月現在の日本の失業率は4.4%

マケドニアは3人に1人の割合で仕事が無い

日本は25人に1人の割合で仕事に就いてない




宮崎駿さんの丁稚について「子供が働くのが当たり前だった時代」の事を述べられてました。

そうでなくなったばっかりの日本


個性を出すといって好きなことだけをやらせる

少しぐらいは強要して、根気や我慢や忍耐を育てることもするべきじゃないんやろうか

耐え抜いたあとに必ずそれに対する何かが得られることを知らないから踏ん張れない

過ぎるのは良くないけど、やらなさ過ぎた結果が・・・。





意志無く育てた子供が増えて、愚痴や文句は言えても

結局自分の意志は言えない、そんな人が多いように感じます。

原発のデモ然り、反対なのは分かるけどそれに対する脱原発に対する画期的な対応策の提示は無し

それは違うんじゃないかなぁと。

yskも原発反対です。でも考えても考えても脱原発の対応策は思いつかないので、大きく反対だとは言えない。










正規雇用率が低い? 正規雇用に何を求める?

それを求めるなって意味じゃないけど、あくまで自分のことを自分でなんとか出来る人になりたいと思う。

仕事が無いなら自分で作れ 仕事が嫌なら自分でやれ



そして日本の失業率はめちゃめちゃ低い。



世界一周ブログランキングに参加しています。
普通の世界一周とはちょっと違いますが、自分らしい世界一周を目指して頑張っていますので
是非1日1回クリックお願いします。
皆さんのクリックと温かいコメントがいつ終わるか分からないこの旅とブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

No title

いつも独特の視点でブログを書かれてるyskさんのブログ楽しみに見ています。

ランキングが下がっても、僕はこういう内容のブログの方が好きですよ。

ランクを気にせず、独自の観点で旅をしてブログを書いていってほしいです。

2012/07/14 (Sat) 00:08 | tak #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/07/14 (Sat) 07:28 | # | | 編集
No title

こんにちは。いつも読ませて頂いています。今回の記事、気になったので意見させて下さい。
海外で見てきたからと言って一面を単純比較して日本はまだまし、甘えるなと言う(私にはそう読めました)のは「アフリカの子供はもっと○○だぞ」という文言で子供を虐待する親に通じるものを感じます。そこには論点のすげ替えあるいは要点の見落としがあるのではないでしょうか。OECD加盟国中際だって高い格差、超高齢化社会、高齢者に極端に偏った貯蓄率など・・・上に挙げられている国にはない、日本の闇が存在します。
現代の貧困というものは、何もその日食べるものがない、という形で表れるものではないのです。携帯も持っている、コンビニで物も買えるがそれ以上生活水準は決して上がらないというのが先進国型の貧困であり、発展途上国型の貧困と比較して「日本はまだまし」と考えるは自分の首をしめることになりかねません(もし現在それなりの地位に就いていて、そうした者を使う立場の人であれば別です)。

それから、デモに関して。反対するなら代案を出せ、というのは現状維持が最も都合の良い者の常套句です。戦争に反対する際に、戦争をしない場合に失われる雇用の維持や政策面について代案を出さなければいけないのですか?一般庶民はまず反対の意思を示すことが肝要だと思います。デモにそれ以上の機能はなく、デモは政策論争の場ではありません。これは欧米の各種デモを見てもお分かりでしょう。

好きなブログだからこそ意見させて頂きました。当ブログ記事の根底にある若者、日本人に対する鼓舞に関しては賛成です。

2012/07/14 (Sat) 20:47 | 通りすがり #- | URL | 編集
Re: No title

takさん>コメントありがとうございます。 そうですね、ランキングは気にせず書きたいことを書いていこうと思ってます。 自分の観点に少しでも共感してくれる人がいるだけで嬉しい限りです。

2012/07/16 (Mon) 00:17 | ysk44 #nft/jt/c | URL | 編集
Re: No title

通りすがりさん>コメントありがとう御座います。また大変貴重なご意見頂き感謝しております。
論点は2つ、先進国の貧困と発展途上国の貧困を比べることに対することと、原発反対デモに対する僕の意見に対することで間違いありませんか?
仰るような「現代の貧困というものは、何もその日食べるものがない、という形で表れるものではないのです。携帯も持っている、コンビニで物も買えるがそれ以上生活水準は決して上がらないというのが先進国型の貧困であり」と言うような状況を僕は貧困と考えていません。 現在の日本の若年層に対して他力本願になりすぎるのは良くないのではないかという問いかけです。正しい答えは無いと思っていますので、常に自分にも同じ質問を続けています。
原発に関しては、反対するなと言う意味ではありませんし、デモをするなという意味でもありません。
ただ、FBやツイッター等ネット社会の現代において何かの活動に参加することは大変容易になっていると思います。ワンクリックで活動に参加出来るのですから。 強い意志がなくても何らかの形で参加しているというある種の満足を得られるのではないかと。
原発に関して、停止していても稼働していても、原発の中にウランが入っていることには変わりなく、動かしていようが止めていようが危険なことに代わりはありません。 それでも止めておいた方が良い理由とは何でしょうか。停止していても東北の津波と同じ規模の津波がきたら原発はアウトです。
原発を突然全て止めることによって原発関係の経済や携わる人の環境を一瞬にして換えてしまうのは良くないのではないかと思っています。 将来的に原発が無くなればいいとは思いますが、現状では原発の中に入っているウランをどのように処理するかもわかりません。今の科学では一度作ってしまった原発はもう無くせないのです。それを理解した上で、反対デモをやりたいという強い意志のある人にこそデモを行って頂きたいと僕は思っています。そういう強い意志の集まったデモは時代を変えれるのではないかと。
色んな人から色んな意見を聞いて、もっと自分の視野を広げられたらと思っているので通りすがりさんのようなご意見を頂ける方には本当に感謝しています。また真剣にお返事させて頂きたかったので少し遅くなってしまいすみませんでした。
旅をしていない今、こういった内容の記事も増えるかもしれませんが決して安直な考えのもとの記事でないことはご理解頂きたいと思います。
またちょくちょく覗いて頂ければ嬉しい限りです。



2012/07/16 (Mon) 00:50 | ysk44 #nft/jt/c | URL | 編集
No title

真摯なご意見ありがとうございました。やはりコメントしてよかったです。

貧困問題については価値観の違いもありますが、他力本願になりすぎないように、というのは同感です。日本の若年層が置かれている状況はそれほど楽観視できるものではないということだけ言いたかったのですが、少し言葉が過ぎました。すみません。ただ少し自己責任論に振れすぎているのではないかと感じたんです。個人的には個人個人はそのくらいの意気が必要だと思いますが、集団の総意としてとなると、結果的に世代間格差が進むことになってしまうのでは、という危惧があります。

先のコメントは原発稼働の問題に関しては棚上げして、デモについての意見でした。一応書きますが、脱原発デモ=再稼働反対ではなく、様々な考えの人がいて、yskさんのような考えをお持ちの方もおられると思います。

再稼働の是非についてはかなり複雑な要素が絡んできますが、「動かしていようが止めていようが危険なのに、それでも止めるべき理由」について書きたいと思います
フル稼働で臨界中の原子炉は毎時熱量を出し、それは炉のタイプにもよりますが1秒間に20トンの水が必要なほど莫大です。これはつまり、地震など不測の事態が起こった場合、これだけの水を安定して供給し続ける体制が出来ていなければ、燃料は数時間でメルトダウンすることを意味します。
一方停止中であれば崩壊熱は少なくなり、その分余裕を持って対応できます。稼働中と停止中ではタイムリミットが全く異なるということです。しかし厳密には、停止後すぐ崩壊熱が見る間に収まるわけではなく、一年程冷却すればかなり安定した状態に持って行けるようです。つまり、停止したからと言ってすぐに安心できるわけではありません。

福島では3月11日の地震が起こった時、1~3号機が稼働中、4~6号機は停止中でした。結果として、記録が正しければ3月14日までに1~3号機は全て爆発し、15日には停止していた四号機で火災が発生しました。5、6号機は原子炉、燃料プール共に異常なしということになっています。

原発は停止していても燃料を取り出しを行うまで冷却し続けなくてはならず、停止したからと言って安心できるわけではないのは同感ですし先にも書いた通りです。しかし、猶予ができ、シビアアクシデントを防ぐ意味ではかなり意味のあることだというのはご理解頂けると思います。他にも理由はありますが、この一点でも、止められるなら止めるべきというのが私の意見です。
また、止めなければ燃料棒の取り出しに取りかかることも出来ません(数年の冷却が必要)。

ただし関西電力は日本で最も原発依存度の高い電力会社であり、それは容易ではないでしょう。元官僚で大阪の「府市統合本部」顧問になった古賀さんが仰っていましたが、関電はわざと火力の稼働率を低くして電力不安を煽っていますし、もっと言えば、関電自身が原発再稼働と電力需給は関係ないとはっきり表明しています。要は、再稼働云々は電機が足りる、足りない以前に、企業の存続と政治の問題だと言うことです。このことを理解しておく必要があるかと思います。長くなりましたが、再稼働についての私の意見です。

>原発を突然全て止めることによって原発関係の経済や携わる人の環境を一瞬にして換えてし>まうのは良くないのではないかと思っています。 

現状原子力を中心に回っている経済が存在するわけで、おっしゃる意味もよく分かります。産官学が強固に一致団結して原子力行政を進めてきたわけで、その点は心配は要らない気もしますが・・・。どのみち西欧諸国のようにラディカルな対応はできないでしょう。
しかし、日本人の大多数はデモに限らず意見を表明することに対して生真面目すぎるのではないでしょうか。その結果、議論もできず空気に流され責任の所在があいまいなまま事が進んでいくのは最悪な事態だと思います。
事故当事国として実際的な安全対策が行われないまま原発が再稼働され、それに対し国民が何の声もあげなければ、それは(一応)民主主義の日本として恥ずべきことだと思います。要は、好き放題されているのに何の意見表明もしなければ、国民は、日本人は舐められるよ、ということです。

すごく長くなってしまってすみません。日頃から読ませて頂いている中で、すごく感のいい人だなと思っています。私もこのブログで勉強になったこと多数ですし、視野が広がるまで行かなくても、もし何かの参考になれば幸いです。これからも色んな記事を書いて下さい。楽しみにしています。

2012/07/17 (Tue) 00:57 | 通りすがり #- | URL | 編集
No title

私の周りにも病気でなく、怠け者の部類の働かない人がすっごく多い。
ちゃんと働くから旅行も行けるし、好きなものも食べられるのに、何もしないで羨むな、妬むなー。
職はたくさんあるのに、安すぎて働かないって言って、海外でさらに安くて労働環境の悪いところで愚痴るやつも、働くようになっただけマシかな?

2012/07/17 (Tue) 13:18 | まきお #- | URL | 編集
Re: No title

まきおさん>あいつまだちゃんと働いてんのかな?

2012/07/31 (Tue) 00:45 | ysk44 #nft/jt/c | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する