旅の観点 パート2


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



2011年度の世界の失業率ランキング




前回に続き失業率ランキングに載っている、yskが行ったことのある国を参考に

その国についてのyskの完全な独断と偏見にまみれた主観的見解を綴ってみます。



そもそも失業率が高いから国民が不幸とは限らないところが面白い

失業率が低いから幸せとも限らない



幸福度を形成するピースにはそれぞれ大きさがあって、ひとつのピースがやたらデカくても

全体の幸福には繋がらない  


旅をしていてよくそんな気がするけど、このランキング上位でも楽しく暮してる国の人たちは

他のピースが充実してるんじゃないかと思う。



どのピースがどれだけ充実することによって、またどのピースが過剰で、どのピースが不足なのか

それを見つめ直す良い機会でもあるような。。





ランキングに戻って、、、

6位 スペイン

スペインの記事はコチラ


全体の失業率が21.64%

G20の中では3位の南アフリカに次いでの6位

旧列強のなかでは断トツの1位  (旧列強では次がフランスの35位)



でも彼らが毎日陽気に見えるのはラテンやから?

全く明日の心配なんてして無いように見える


そんなこと言うとスペイン人は反論するかもしれんけど、見てる限り心配してる度合いが低過ぎる

基本的な物事に対する心配するラインが違いすぎるので、彼らの心配するラインは低過ぎる

もっと前から心配して備えておけば問題は起こってなかったんじゃないかと。。。


でもその考え方自体が彼らと違って、こっちがわの人が問題と意識するレベルの物事のほとんどを

彼らは問題やと思っていない。 まぁそこが問題なわけやけど。。



我が日本と比べると、日本人は心配し過ぎ スペイン人はじめラテン系は心配しなさ過ぎ

上手く間を取る方法はないものか。



そして早くビザを降ろせ!!!





9位 ギリシャ

ギリシャの記事はコチラ


スペインと並んでyskの好きな国ギリシャが堂々の9位


ちなみにスペインと違って日本人は基本的に現地採用でギリシャの労働許可証は取れません。



この国の人はラテンとは違うけど、ある意味ラテンのルーツの様な人たち

ヨーロッパであれだけ強大な国を気付いた人たちの末裔ですが、現代ではパッとしません。

でもこの人たちもスペイン人やイタリア人と一緒で基本的にインスピレーションで生きてる人種


そういう国は食べ物が美味い

そして女が綺麗



R0018028_20120822011552.jpg

ヨーロピアンに少しトルコを始めとする中東のオリエンタルな雰囲気が混ざる

正にエキゾチックと呼ぶに相応しい、そんないい女がゴロゴロしてます。


この間うちにきたカウチサーファーのフローラはyskの大好きなテッサロニキに行ったことがあるらしい

だいたいどこの国も2番目の都市ってのは人が良かったり、物価が安かったり、街が綺麗やったりするもの。

その代表がギリシャ2番目の都市テッサロニキ

このブログでは何度も何度も言うてますが、ギリシャに行くならテッサロニキにも必ず立ち寄って下さい。

アリストテレスの広場の近くにあるタベルナ街に行ってローカルフードを鱈腹食って下さい。

どこにでもおる小汚いオッサンが演奏する、絶妙な演奏に聴き入って下さい。


そこに行って、やっすいローカルフード食って、安いローカルの酒飲んで、

ローカルのギリシャ人たちと戯れ、音楽に浸って、踊ってみたりなんかしちゃえば、少しは分かるはずです。

彼らの幸福のピースがどういう風に構成されてるのか。






10位 ラトビア

ラトビアの記事はコチラ


なんとビックリ  リトアニアよりもラトビアの方が失業率が高いなんて!

ysk的バルト三国ランキングでは全ての面において北から順番に

エストニア、ラトビア、リトアニアかと思ってました。


女、食事、物価、生活水準、教養、環境、英語力なんか合わせても全て北から順に高いのかと


それがリトアニアを上回ってるとは。。  実際は11位のリトアニアと0.07%しか変わらないんですが

そもそもリトアニアより遥かに良いと思っていたのでビックリ


街を歩いた感じ、人と話したり、街を歩いている人の身なりをみたりしても

絶対にリトアニアの方が失業率が断然高そうに見えることは確か。



リトアニアはロシアの飛び地、カリーニングラードに近いから地理的な何かもあるのかな?

ベラルーシに繋がる鉄道があることは関係無さそうやし、、

まだまだバルト三国に関しては勉強不足やなぁ。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


とまぁ、3カ国を上げてみましたがどうでしょうか


先の2カ国の失業率が高いのは理解出来る物の、やっぱりラトビアは意外やったかなぁ

今度行く機会があればなんでそうなったんかを調べてみるのも面白そう


そんなことを考えたりしてるのかとおもいきや、前をサッと通った姉ちゃんを見て嬉しくなってみたり

それも全て幸福のピース集めの下準備です。




いつかyskにも

何にも捉われない、捉えられない、自分なりの旅、生き方を確立出来る日が来るんかなぁ・・・





世界一周ブログランキングに参加しています。
普通の世界一周とはちょっと違いますが、自分らしい世界一周を目指して頑張っていますので
是非1日1回クリックお願いします。
皆さんのクリックと温かいコメントがいつ終わるか分からないこの旅とブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する