スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイス生活記 12'-13' Ep.6

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


R0026194.jpg

一体どうやったらこんな色になるんでしょうか

世界が終わる日の最後の朝日に焦がされるマッターホルンです。


珍しく晴れた上に、こんな色になっちゃうもんだから村中で

「ホンマに世界終わってもうたらどないしよかー?!」

みたいなネタをみんなで飽きること無く話してます。


俺はいつも通り暮す! いやいや、取りあえず今からマッターホルン登頂に行く!

えー、ランボルギーニに乗りたいから借金する。世界終わったら返さんでエエやろ?


まぁみんな好きなこと言い合って、いつも通りの日常を楽しんでるみたいです。


聞いた話によると、マヤ暦の区切りがこの日なだけで実際のマヤ暦はここで時代が変わり

次の区切りへと移り変わる、言わば昭和から平成、みたいな感覚でしょうか?

一時代の区切りなだけなのかな。





R0026197.jpg

新しく買おうか(もちろん中古で)迷っている板の試乗を兼ねて朝7時起きで薄曇りのゲレンデへ

世界の終わりだからか人も少なく好きなだけかっ飛ばして

自分が重度のアドレナリン中毒であることを再確認。


旅してるとどこにアドレナリンが出るかって、危ない国に入る瞬間もそうやし

何が起こるか分からんドキドキ感、その起こることが自分の想像を超えていたとき

更にはそれに魅了されてしまう自分がいるとき。


そうやって未だ見ぬ何かに刺激を受けることを覚えてしまうと

また旅をして、未だ見ぬ何かにまた出会えるんじゃないかって

そしてまたそれに魅了されるんじゃないかって

アドレナリンが出ちゃうんですよね。






R0026195.jpg

ツェルマットの街中を走り回る電気自動車を見てふと思ったけれど

この街ではだいぶ前から電気自動車が主流で

公共のバスですら電気で動いてる。


電気自動車ってやっぱり昔から可能な技術なんじゃないの?

どっかからの圧力でガソリン車を作り続けてるけど

人類、本気で頑張ればガソリン車なんて全部無くせるんじゃないの?


個人的にエンジンという原動機が大好きなyskとして

ガソリン車のモータースポーツは無くなって欲しくないけども

公共交通機関だとか、そういうロマンを求めなくてもいい乗り物は

ここみたいに全部電気にしちゃってもいいんちゃうかなーって。

と、思ったけど、色んなところを旅してみて重々思い知らされたことがあるのも事実、

そう、世界は綺麗事だけは廻らない。




R0026200.jpg

明日が世界の終わりでなく、クリスマスツリーの前の男の子が無事に

サンタからプレゼントをもらるようクリスチャンではないけど

ジーザスに祈ってみようかな。


いつも聴いているバンクーバーのラジオ

英語の勉強にもなるし、バンクーバーのローカルな話題が出て来るたんびに

ほっこりする。 バンクーバーで聴いてた人、英語勉強したい人は是非聴いてみて下さい。

The Beat 94.5

右上の Listen Now をクリック。


そんなBeatでの企画「Let's wish for Santa!!/サンタにお願いごとをしよう!!」

のコーナーで出てきた8歳の女の子の wish に思わずウルッときちゃったよ、もう。。。


”Hi Santa, My name is Chiara. I'm always loving you, Santa. All I want for Chrismas is my dad.
Dad is working far away so mam and dad always separated.
I want everyone spend Christmas together this year.”

書いてたらまた泣けてくる・・

前略 サンタ様 

こんな子供たちが笑顔で暮らせる世界にできるよう頑張るので世界の終わりはもう少し後にして下さい。 

草々



あれ、そもそも世界の終わりが明日って言ったの誰やっけ?



世界一周ブログランキングに参加しています。

普通の世界一周とはちょっと違いますが、自分らしい世界一周を目指して頑張っていますので

下の”世界一周”と書かれたやつを是非ともクリックお願いします。

皆さんのクリックと温かいコメントがいつ終わるか分からないこの旅とブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。