スイス生活記 12'-13' Ep.18

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

R0026566.jpg

今週のお客様!

幼稚園からの同級生だとかで、板もウェアも全部お揃い!!

滑りも皆さん本当にお上手で、、、

って、書き口が会社のブログみたいになってしまった。

いやいや、こうして年を取っても一緒にスキーが出来る共がいることが非常に羨ましいです。

ゆーたろーにスキー頑張ってもらいましょう。





R0026570.jpg




R0026576.jpg

ここんとこのツェルマット

気温はそんなに低くないのに雪はドンドン降ってます

フワッフワとまではいかなくとも、そこそこのオフピステが楽しめて良い感じ。





R0026563.jpg

難を言うと、ツェルマットのリフトを経営してる会社”Zermatt Bergbahnnen AG”の

運営方法に納得が行かないぐらい。


チェルビニア(イタリア側)に行くにはもちろんツェルマット(スイス側)に

帰ってこれなアカンわけですが、毎朝あるツェルマット側の発表では「イタリアには行けません」

もしくは「準備中」

これが昼前ぐらいまで続きます。

それでもイタリアからツェルマット側にきてる人たちはいっぱいいて

?????



確かにツェルマットからチェルビニアに帰るにはTバーで

チェルビニアからツェルマットに帰るにはリフトかロープウェイなので

リスクとしては空中で運ぶ索道の方が止まる可能性は高い


かといって、そんなに風吹いてるわけでもないし

天候も悪くない。


チェルビニアスキースクールのウェア着てる

マエストロ(スキーインストラクター)たちに聞いても

「全く問題ないよ!Bella giornata!!!」

なんて言われる始末。


どうしてベルグバンネンはチェルビニアに行かせてくれないんでしょうか。。。



R0026569.jpg

とまぁ、タダのガイドのyskが愚痴っても何が変わるって分けでもありません。

そんなリフト会社の発表を完全に無視して朝一からチェルビニアに行って、

腹一杯イタ飯食って、ピチピチのセニョリーナと戯れてきたんですから

そもそも文句言える立場でもないのかなぁ・・w




イタリアのスキーインストラクター資格

Maestro di Sci

取得出来る方法知ってる方いらっしゃいませんか??



世界一周ブログランキングに参加しています。

普通の世界一周とはちょっと違いますが、自分らしい世界一周を目指して頑張っていますので

下の”世界一周”と書かれたやつを是非ともクリックお願いします。

皆さんのクリックと温かいコメントがいつ終わるか分からないこの旅とブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する