スロバキア/Slovakia

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スロバキア国旗

スロバキア国旗

白青赤はスラブ人の色 それにプラスして各スラブ人国家の紋章的なものが入って一つの国旗




スロベニアじゃないよ、スロバキアだよ。

スロベニアの記事はコチラ→スロベニア/Slovenia


チェコ・スロバキアでもなく、スロベニアでもなく、スロベキアでもなく、

スロバキア/Slovakia

名前がややこしいのは、スロベニアと同じで”スラブ人”と呼ばれる

人種の作ったスラブ人の国という意味の国名だから。


チェコと混同され易いのは、

1989年まではチェコ・スロバキア社会主義共和国として (社会主義国家)

1993年まではチェコ・スロバキア共和国として     (民主主義国家)

二つの国が一つの国として成り立っていたから。


イギリスはイングランド、スコットランド、北部アイルランド、ウェールズの4カ国からなる

連合王国であるのに近いかな。

別の国だけど、一つの国家。

日本ではあまり馴染みが無いけど、征服と侵略を繰り替えしてきたヨーロッパなんかでは良くある形。




スロバキア地図

場所はココ 左がチェコとオーストリア、右がウクライナ

      上がポーランド、下がハンガリー






人口:540万人 だいたい東京の半分よりちょっと少ないぐらい

面積:約5万㎡ 北海道の8.3万㎡よりは小さいぐらい 

女性:綺麗

通貨はユーロ  

yskが訪問した2009年にちょうど切り替えになって、1年ぐらいは移行期間でどちらも使えたはず。


当時はもの凄く物価も安く感じて、ケンタッキーのクリスピーチキンが30円?!

みたいな衝撃があったけど、きっとユーロを導入した国お決まりのハイパーインフレに陥り

小国の民は苦しむわけですけど、それも落ち着き、ある程度安定すれば

どんどん外貨が入ってきて暮らしは豊かになるんじゃないかって

甘いささやきに釣られユーロを導入してしまう。

が、所謂ユーロ危機を招いている。


過去2000年以上、まとまらなかったヨーロッパの国々を

同じ通貨にして、色んな条約結んで、協力し合って発展して行こう!


そんなことあのイタリア人が本気で思ってると思いますか?

二枚舌が得意と言われたスロベニア人も

世界一嫌われる観光客と言われるフランス人も

腹黒紳士イギリス人も

真面目一徹ドイツ人も

誰がそう思う?

ケツ拭ってもらえんじゃん? ってみんな思ってないかい?



脱線してしまいましたが、話はスロバキア

スロベニアじゃなくて、チェコスロバキアじゃなくて、スロバキア共和国(民主主義)





訪れたのは首都のブラチスラバだけで、それもウィーンから日帰り

バスで2時間ぐらいやったかな?

確か往復で10ユーロから15ユーロぐらいの間だったと思う。







RIMG3983.jpg


肝心の街の感じは次回にするとして、今回はこんな国ですよー、ということで

スロバキア、お見知り置き下さいませ。

スロベニアじゃなくて、チェコスロバキアじゃなくて

スロバキア共和国(民主主義)


よろしくどうぞ。




世界一周 ブログランキングに参加しています。

毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っていますので

下の【世界一周】と書かれたやつを是非とも クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する