オーストラリア生活記 13' Ep.12

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

R0029169.jpg



とにかく物価の高いオーストラリア

市内に8〜9畳ぐらいのキッチン、ユニットバスのワンルームを借りると

大体、16〜18万円/月 ぐらい

そこにもの凄く高い光熱費がのしかかってくる

大体、水道、ガス、電気で月に1〜1.5万ぐらい

電気代がすこぶる高い。




どうやってそんな高いところで暮すのか

もちろん給料も良い

最低時給が1600円ぐらい

税金で20〜30%持って行かれることを考えてもそれなりにいい。

最低でこの額やから。

そこに休日割り増し、時間外割り増し、色んな手当も付く。


が、スウェーデンの様に税務署がそこまできっちりしてるわけではないので

税金を払わずにニコニコ現金払いのバイト先が多いのも事実

ワーホリ、学生は格好の的

少しぐらい待遇、時給が悪くとも、英語の話せない人にはそれしか仕事が無い。。

そしてそこで働いてしまう、その気持ちよーーーーく分かります。

時給10ドルで10時間、1日で100ドル、1週間で500ドル、1ヶ月で2000ドル

これも運良くフルタイムで働ける職場が見つかればの話。

大体はパートタイム(バイト)の仕事が多く、そこまで稼げないかも。






そんな状況でどうやって月15万も払うのか

基本的にほとんどの人がルームシェアとよばれる形で

見知らぬ人と同じ屋根の下に暮す。


Landlord/ランドロードと呼ばれる家主が家を借りて、

一部屋ずつを貸し出したり、その一部屋をまたシェアしたり、形は色々

リビングもカーテンで仕切ったり何かして、そこにベッドを置いて暮したり。

プライベートなスペースを持って暮してる若い人は少ないんじゃないかなぁ

その代わり共同生活の楽しさも味わえる。 苦労も経験出来る。 多国籍な人と価値観も共有出来る。






ベッドルーム自体にバスルームが付いてる部屋のことをマスターベッドルームと呼び

他のベッドルームは普通のベッドルームと呼ばれる。



カナダではルームシェアと言っても、自分だけの部屋かどうかは関係なく

プライベートルームと詳細に書かれてることが多かったけど

部屋の数に関わらず一つのアパートや一軒家をシェアして暮す形態を

フラットシェア、ハウスシェアと呼んで、

オーストラリアではルームシェアとはベッドルームを誰かとシェアすることをさすらしい

ルームシェア、リビングシェアといった感じで。。



例えば写真の家の場合、、、

マスターベッドルームとベッドルームが2部屋、リビング、キッチン、バスルーム(風呂とトイレ両方)

即ち3部屋、うち人へやわシャワートイレ付き、リビングもう一つのバスルームがある。

ベッドルームには2人ずつ

マスターベッドには2段ベッドを2つ置いて4人

リビングにも突っ張り棒を立ててカーテンで仕切り2人

合計10人で3LDKの家をシェアする。


部屋の大きさで言うと150平米ぐらいはありそうなので、そこまで狭くは感じない、、、かな?

部屋に寄って多少前後するもののこれで月に4〜6万円程度



対して今yskが住んでる家は市内から路面電車で15分程度

2ベッドルーム1リビングの家を2人でシェア

シャワーとトイレは別

これで1ヶ月に9万円はかなり安い方。 その代わり・・・、これは後日の記事で。



市内で同じような家に住もうと思ったら月に11〜13万ぐらい

それに加えて光熱費

なかなか厳しい。




家を選ぶ基準は人それぞれやと思うけど

今回yskはプライベートスペースがあるかどうかを基準に考えて

市内ではなく少し離れたところで職場から遠くない場所を選びました。


朝仕事行く前にトイレに並びたくないし

仕事から帰ってきてシャワー待ちもしたくない

多少高くとも、やはり自分の生活をしたいと言うのが理由。



逆にワーホリで外国人と海外生活を楽しみたい人は

沢山の人とシェアすれば、必ず誰かが話し相手になってくれたり

時間のあるときは遊びに行ったりできたりもする。


良いルームメイトに当たるかどうか、運次第。

ここでもysk、日頃の行いの悪さが露呈されたようで、

なかなか強者のルームメイトに当たってしまいましたが、、、

あと1ヶ月半我慢するしか無いかなぁ。。。



家を出るとなっても、家主に寄ってまちまちですが2週間から1ヶ月の前の告知を要求されます

そして入居時に払うボンドと呼ばれる保証金を部屋にダメージが無ければ返してもらって退去


カナダではデポジットって呼んでたけど、ここではBond/ボンド

これも大体2週間〜1ヶ月分ぐらい

基本的に家賃は週単位で表示されてるため、ちょっと慣れるまでは分かりにくいかも。


例えば今のyskの家は

家賃185/週 これを7で割って365を掛けて、また12で割ると1ヶ月分の家賃になる

約803ドル

これに光熱費が140ドルぐらい、二人でシェアするので70

インターネットが60ドル、これもシェアして30ドル

月におおよそ900ドル

入居の際はこれにボンドを900ドル

合計1800ドルをきっちり耳揃えて払って初めて部屋に入れる



多くの家が家具付きなので、ワーホリや学生には優しい

けど、これもまた問題。

どの家具をどこまで使っていいのか、

入る前に出来るだけ細かく確認しておいたほうがベター(経験談より。 いや、経験中談よりw)




基本的には人の集まるところの掲示板に紙で貼られているか

インターネット上のコミュニティサイトで見つける。

家主に直接電話して、部屋を見せてもらって

お金の話を聞いて、入居日を相談して

家のルールとルームメイトのメンツを確認して

退去の告知なんかも良く聞いておかないとあとから揉めることになる。

yskの経験から言うと

立地や環境とか家賃よりも、ルームメイトがどんな人なのかが一番大事な気がする。

そこと上手くいかないと、ボンドを返してもらえないとか、急に追い出されるとか

契約書の無い口約束で入居するからにはそういうリスクも背負うことになるので

家主(その家に住んでる場合とそうでない場合がある)やルームメイトはしっかり選びたい。



家を探すには

日本人のコミュニティサイト:伝言ネット

現地のコミュニティサイト:Gumtree


他にもいくつかあるけど、この二つがメジャー

yskもGumtreeで見つけました。


仕事もこれで探す人がほとんどで

車の売り買いや、物の売り買い、その他習い事とかイベント情報とか

基本的には生活に関する情報ななんでもここで入手出来るんとちゃうかな

中には詐欺とかもあるので、とにかく怪しいオーナーや広告主には注意して下さいませ。



私、ysk、世界一周 ブログランキングというものに参加しています。

毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っていますので

下の【世界一周】と書かれたやつを是非とも クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/10/01 (Tue) 07:02 | # | | 編集
Re: こんにちは

そらさん>こめんとありがとうございます!
家賃も高いのはもちろん、食料品や何かも高いです。例えばコンビニで500mlの炭酸飲料が350円ぐらいします。スーパーでの買い物も、日本と比べると丁度2倍ぐらいの値段ではないでしょうか。
なかなか厳しいです。。。


2013/10/02 (Wed) 15:14 | ysk44 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する