旅人のレシピ パート1

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

旅人ともあろうもの、うまいモン食わんと力でませんよね。


次の宿にキッチンがあるかもわからない

まず、次の食事がいつか分からない。


そんな中でもめげずに世界を廻ってこそ旅人!

やっぱり食べれるときは美味いもん食いましょう。


そこで


料理人風旅人yskが、手軽安価美味しい旅人料理シリーズ始めます。


R0015218.jpg

今日はこいつ

インスタントパスタソース

左からトマトとバジル、トマトとリコッタ、ジェノベーゼ

この三つがお気に入り


用意するのはヨーロッパなら大抵どこでも手に入るこのインスタントパスタソースとパスタと塩

今日は一番左の一番シンプルな奴を使いましょう。



まずパスタ茹でます。塩は少し多めに入れて下さい。

旅人料理において、パスタを湯がく時の水は多ければ多いほどいいってもんでもなく

僕は「ちょっとこれじゃちっちゃいかな?」って思うぐらいの鍋を使います。

こうやってパスタを湯がいたときのゆで汁を濃厚にします。

これはパスタから流れ出た旨味を後でもう一度パスタに戻してあげる為です。


湯がき具合もかなり硬め。 「あと1~2分ぐらいで出来上がりかな?」 と思うぐらいの硬さでお湯を切ります。

ザルが無くてもフォークを上手く使えば問題無し



ここで! 

ゆで汁は全部捨てないで下さい。

パスタがシャバシャバするぐらいのゆで汁を残したまま鍋を火に戻します。



そこへ今日はこれを入れましょう

R0015221.jpg

安く手に入るベーコンの細切れ

R0015219.jpg

ベジタリアンの人ここ省略


ムスリムの国なら他の肉でもOK

缶詰のシーチキンでもOK


ベーコンなので臭みも少なく、先に炒めなくてもパスタが臭くなる事はあんまりありません

*もちろん隣の鍋でベーコンを炒めておいてそこにトマトをぶち込んでゆで汁も入れてソースを先に作っておけるならそれにこした事はないけど、あくまで手軽さを追求した旅人料理ですのでご了承下さい。


ベーコンとソースを入れて一気に火をかけてソースをつめます。

そうするとゆで汁とトマトとベーコンの旨味がギューーーッとパスタにしみ込んでいってるのわかります?

パスタソースがトロトロになったところで火から下ろして出来上がり。

パスタ自体にも味が乗っかり、そこにソースが絡んで美味しそうでしょ。


最後にあれば、フレッシュバジルかエキストラバージンのオリーブオイル(要するに何か香りを付けるもの)をおもいっきり入れます。

特にオリーブオイルはたっぷり。

旅人料理ですから、自分の旅に合わせた豪快さで行きましょう。


こうするとトマトやゆで汁やベーコンの旨味をオリーブやバジルの香りが包んでまとめてくれます。

そこにある安い物だけで美味いものを作るのが旅人料理なので、無い時は無いでOK


イタリア料理のトマトとオリーブオイルは日本料理で言うところの

カツオと醤油みたいなもん。

トマトの旨味のオリーブオイルのアクセント

カツオの旨味に醤油のアクセント

このポイントを押さえれば、手軽に美味しいイタリア料理が作れます。




R0015217.jpg

ハイ出来上がり

使用したのは鍋、フォーク、皿のみ。 

パスタソース200円、パスタ100円、ベーコン150円

これで3食分に相当しますので1食の原価は150円

所要時間12分


安くて早くて美味くて、しかも洗い物まで少ない。 これ鍋から食えば皿も無くて済む!


さて頂きましょうか。


世界一周ブログランキングに参加してみました。
一日1クリックでランキングが上がります。ポチッと清き一票よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
Category: 料理/Food

コメント

No title

食べたいー!こっちは屋台で安く食べれちゃうから料理にこだわらんのよねー。
canadaで食べたローストビーフとともに、yskの手料理がいつか食べれるの楽しみにしとくわ!

2010/09/28 (Tue) 18:08 | saki #- | URL | 編集
Re: No title

saki>屋台で食える方がずっといいやん! ここは飯不味くて高いからしゃーなし自分で作ってるねん。アジアはほんま飯うまいからいいよな。 あー、タイ行きてー

2010/09/29 (Wed) 18:35 | ysk44 #nft/jt/c | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する