イタリア生活記 13'-14' Ep.6

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


R0029711.jpg

プロシュート・サン・ダニエーレ

ただのプロシュートじゃないんだよ

パルマのプロシュートはしっかり熟成されていて、舌にねっとりと熟成された旨みが乗る感じで

サン・ダニエーレは少しアッサリ、塩もキツくない代わりに

噛めばかむほどグッと肉の味がにじみ出てくるような感じ。

白ワインでもイケルとイタリア人のソムリエが言うておりました。






R0029713.jpg

ブルスケッタは刻んだトマトに塩をして、オリーブオイル、ニンニク、白ワインのお酢、バジルで和えて

できれば一晩寝かした方が生のニンニクの角が取れて美味い。

トマトに含まれるグルタミンがグッと来る。

この一手間が味を大きく左右する。







R0029715.jpg

このラード!!

イタリア語でいうとラルド  ”ル”はおもっきち巻き舌で!! 

この熟成された、豚の脂身

ただの脂身が、適正な環境で、適正な時間と、たっぷりの”愛情”をもって熟成されると

こんなに深みのある味になるのかと、驚くぐらい美味くなります。

コレを美味い小麦で作ったパンに乗せて食うと、字の如く「最高」です。








R0029714.jpg

イタリアで一番美味いティラミス

即ち世界一!


ちなみにこのティラミスと言う単語、イタリア語で書くと

TIRAMISU

コレは3つの単語から出来ておりまして、

TIRA MI SU

なわけで、イタリア語的には

TIRAMI SU

なんですけど、ともかく

そういう意味なんです。

MI を SU に TIRA するんです。






R0029718.jpg








R0029719.jpg

ysk一押しのサルデニア料理屋

コルチナの村郊外にあるんですが、個人的な好みでは

某ミシュラン星付きの店より好きです。

もちろんどっちも美味しいんですが、yskの嗜好にはこっちの方がマッチする。

シンプルな調理法、でもシンプルが故に難しい

そうそう、寿司みたいなもんですよ。

素材が良いだけでは駄目で、それを美味く調理して、熟成させて、

ってするにはわずかな違いを見出せる経験が必要で

そういう人によって作られた料理は、他と同じに見えても

口に入れた時の感動が全然違うんですよ。

なんて誰かが言うてました




R0029721.jpg







R0029722.jpg

パンナコッタ/PANNACOTTA

つまりは PANNA が COTTA







R0029724.jpg


時間とお金が出来たら

いつかこの国を半年ぐらいかけてゆっくり旅してみたいなぁ

もちろん食い倒れの旅

その土地の一番美味い物を食いまくる旅

西から東、北から南まで、食いに食い尽す、そんな旅をいつか。


またやりたいことが増えてしまった。。。



私、ysk、世界一周 ブログランキングというものに参加しています。

毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っていますので

下の【世界一周】と書かれたやつを是非とも クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する