イタリア生活記 13'-14' Ep.18

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


R0030044.jpg

天気も悪いのに

リフトの上で話しに花が咲く4人


この後、話しの花が咲き過ぎたのか

安全バーを上げ忘れて、ストックを曲げてしまうというアクシデント

でも楽しい仲間と一緒やとそんなことも話しのネタに出来ちゃうんですよね









R0030074.jpg


特にこの週はとっても和気藹々としたグループで

ガイドするこっちも楽しませてもらいました。







R0030086.jpg


仕事もせずお喋りしてる警察の人たちと一緒に写真撮影

陽気なイタリアのお巡りサーーーン


いい加減そうですが、仕事は意外ときっちりしてるんですよ。








R0030069.jpg

事故った車と、集まるヤジ

野次馬の多さは世界でも有数の国、イタリア






ガイドする上でいつも気になるのが

フェラーリとカローラ


その類希なる個性で人を惹き付けてやまないけど、万人に受け入れられるわけでもない

一方、世界中誰にでも受け入れられるけど、これじゃないとダメって言う理由もない


そんな魅了する個性の車か、万人受けする車か



要するに

個性的やけど多くの人の記憶に残るインパクトの強いガイドであるか

クレームの少ない当たり障りの無い印象の薄いガイドであるか


どちらが良くてどちらが悪いというわけではないけども、

どうも旅行業界的には、特に大手? やっぱり後者の方が選ばれ易いのでしょうか


完全な個人的主観で言いますと

絶対に前者を目指したい

ベストはどちらもの良いところを合わせられることやろうけど

自分にその器があるとは思えないし

なれる気がしない。



やっぱりその国の文化としてダメなことはダメと言いたいし

その国の良さを理解してもらう為に、多少キツいことを言わないとアカン時もあるし

きっとそれに耳が痛くなるお客さんもおると思う。

でも少なくともこの国のことは自分の方が知ってるわけやし

そうしてもらえれば、何倍も楽しんでもらえると思う。


ただし!

お客さんがその楽しみ方を求めてるかどうかが別

スケジュール通りにこなされるヨーロッパスキーを求めてる人が

コルチナに来ても満足度は高くないし


美味しいイタリア料理が食べたいからってツェルマットにきてチェルビニアに行くだけじゃあ

それは本当のイタリア料理は楽しめないし


その目的に応じたスキー場があって、それに合わせてお客さんを連れて行くのがベストやと思う。

けど、やっぱり今のスキーツアーどれを見ても

同じ謳い文句、同じ旅程

ただゲレンデが違うだけ

これじゃあリピーターも減ってしまうんとちゃうかなぁ。。



適材適所は言葉が違うけど、そのお客さんの要望にあったベストなスキー場を案内して

その国と文化とスキー場の全てを自乗して楽しんでもらえたらなら

絶対にまた戻ってきたいと思ってもらえるはず。


逆に、要望と違うスキー場にこられて、可もなく不可もなくこんなものかぁ 

なんて思われて帰られてしまうのが一番悔しい。






R0030101.jpg

とにかく雪が多いよ今年は。


でもドロミテ、コルチナなら、多くのお客さん

特に海外スキー経験のあるお客さんなら

限りなく多くの人に満足して戻ってもらえる自身はある。



ただ、、、、、、、海外スキーに来る人口が減ってることは否めない。ww




仕事に関する話しですが、あくまで主観的なお話ですので、軽ーく流して下さいませ。

仕事は常に全力です! yskいつでも気分は日本代表です!! 背負ってます!!!







私、ysk、世界一周 ブログランキングというものに参加しています。

毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っていますので

下の【世界一周】と書かれたやつを是非とも クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する