真実ってなに?

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界から追われても13年間逃げ続け

本名で2冊も出版し

講演までしていたカラジッチ

*詳しくはボスニアの記事を読んで下さい。



きっと誰かの陰謀によりかくまわれていたんだと思います

あくまでyskの偏見ですが、そう思います



そこで 誰が? 何の為に? という疑問が浮かぶけど

正直それはなんでかわかりません



一説に寄ればカラジッチを捕まえてしまうとカラジッチを崇拝していた

一部のセルビア人が大規模な反乱を起こすから

権力を捨てる代わりに命を守ってもらう



どっかで似たようなこと聞いたことありません? 

小学6年生ぐらいやったかな? 第二次世界大戦後の日本 戦犯になり得る人が似た理由で裁かれなかったことがありますよね




じゃあ諸々の理由によって捕まえようとせず匿ったのに

なんで13年も経った2008年に捕まえたんでしょうか?


ユーゴスラビア連邦が崩壊した後、紛争を続けたセルビア

最後の紛争、コソボ紛争が終わったのが2008年



この時の指揮官も捕まり事実上、旧ユーゴの体勢がセルビア国内でも完全に崩壊した状態になった

要は民主主義国家の完成



これが2008年

そして翌年2009年セルビアはEU加盟申請をした



これだけ紛争をした国がEUに加盟するにはそれなりのハードルがある

その一つが「逃亡戦犯の身柄確保と法廷への引き渡し」



なんか繋がりませんか?

なんか全てが上手く運び過ぎていませんか?_

このまますんなりEUに加盟してしまったら、あの紛争の意味はなんやったってことになりませんか?




第二次世界大戦以降、最悪の大量虐殺と言われたスレブレニツァの虐殺

セルビア人共和国(セルビア正教)はボシュニャク人(イスラム教徒)の1/4を虐殺した

それもこのスレブレニツァという村は、国連安全保障理事会により安全地帯として認められていた場所

国際連合安全保障理事会ですよ?


世界を統括する天下の国際連合安全保障するための理事会

「ここは安全地帯です」 って言うた場所で

第二次世界大戦以降ヨーロッパ最大の大量虐殺が起こるんですか?



その時の指揮官、カラジッチが軍に下した命令書引用

スレブレニツァとジェパとの物理的分断を可及的速やかに完成させ、両飛び地の人員の連絡を遮断すること。熟考して計画された戦闘作戦によって、スレブレニツァの住民に対していかなる生存・生活の望みをも与えない、絶対的に危険な耐え難い状況を作り出すこと。


スレブレニツァの住民に対していかなる生存・生活の望みをも与えない、絶対的に危険な耐え難い状況を作り出すこと。


人が人に対して行った行為とは思いたくない

それもたった十数年前に。。。


このとき軍の指揮をとったラトコ・ムラディッチは

未だ逃亡中




ただの旅人の僕に真実なんてわかりっこないかも知れんけど、その場所に行くことは出来る。

自分の目で現場を見ることは出来る

それしか出来ないけど、今はそれをしたいと思う。


明日に続く・・・



世界一周ブログランキングに参加してみました。
一日1クリックでランキングが上がります。ポチッと清き一票よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する