Arcachon/アルカション

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

R0010971.jpg

今夏過ごす予定の街

いや、町、アルカション/Arcachon


生活記を綴る前に

まぁこの町を軽く調べてみました。


Arcachon4.png






Arcachon3.png





Arcachon2.png





Arcachon1.png

場所はこの辺

我が家はヨットハーバーの目の前

眺めが最高なんスヨ!







images_20140529214454ce2.jpg

これが町の全容です。

人口12000人

東京ドームの収容人数が約50000人

両国国技館が11000人

町内会をやるなら、国技館ぐらいが丁度いいみたいです

そういう会議ごとには必ず参加しない不真面目な輩がいるので、これぐらいの差異は許容の範囲内。


主な産業は観光と水産で

最盛期には人口が20万人ほどになるんだとか。 これは凄い。

確かにここに来て3日目やけど、日に日に人が増えていくのがわかる。

家の前の路駐も増えたし、ヨットの数も増えてるし

レストランの込み具合も、徐々に増えてる感じがするし

この感じで人が増え続ければ確かに町の人口が20倍になってもおかしくない。



下の地図を見てもらえれば分かるように

湾内の静かな立地のため

町も穏やかで

住んでる人も壮年から老年期の落ち着いた人が多い印象。

町を軽く歩いても、 パーティーイェーーー!!! みたいな店は少ないし

思い出したくないけど、去年の苦い思い出を思い出してマヨルカと比べると

       何故思い出したくないかはコチラを左から順番に。↓↓↓
               スペイン生活記 13' Ep.6 / スペイン生活記 13' 番外編 Ep.1 / スペイン生活記 13' 番外編 Ep.2


圧倒的に落ち着きある、静かな、穏やかな、海と町、夏のリゾート



そしてそんな夏のリゾート

元々は漁師町

150年前にナポレオンが認めた町で

ボルドーの上流階級の人たちがここに別荘を建てだしたのが

現在のアルカションの町の始まりらしいです。

ナポレオンって150年前の人ってなんか最近の人みたいに感じるなぁ・・・

世代で言うと幕末ぐらいかな

西郷隆盛が1828年生まれで、ナポレオンが1808年生まれらしい。



話はそれましたが、元々は漁師町

フランスでシーフードと言えば?

そう!





R0010980.jpg


牡蠣の名産地だそうで

町中どこへ行っても生ガキが頂けます。

フランス人は生で食う以外に牡蠣食い方知らんのかな?

フランス人は牡蠣に当たらんのかな?

そのへんは追々・・・。


350の養殖場があり

一年間に1万トンほどの牡蠣を生産しているそうで

この町の人に言わせると「同じ種類でも一粒一粒に個性があって、味も全然ちゃうねんで!」らしいです





R0010992.jpg

朝から市場で牡蠣

これ以上の幸せを求めたら身を滅ぼすな、こりゃ。

「人間生きていく上で、シンプルな喜びを見つけられる人ほど幸せな人生が送れるねやアホ!」

ってデュフロが言うてました。



この町、フランスの南西にあるので

きっと訛りも西よりかと思いまして。。。




france-arcachon-beaches.jpg

他にもこんな綺麗な砂丘もあるそうで

ヨーロッパ一の大きさだとか。。

ジェノバでヨーロッパ一の水族館に行ったときはイマイチやったけどw

砂丘には期待しましょう!






R0010994.jpg

とまぁ、こんな穏やかで綺麗な海とビーチに面した、食豊かな町で今夏を過ごす予定ですが

この先なにが起こるかはわかりませんので

このままこの素敵な町で無事に夏を過ごせるよう

どうか見守ってやって下さいませ。


できれば頻繁にブログが更新出来るぐらい、プライベートにも時間と心のゆとりが欲しいなぁ・・








毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っていますので

下の【世界一周】と書かれたやつを是非とも クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する