フランス生活記 14' Ep.10

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

R0011047.jpg

本日のアルカション/Arcachon











本日はこの曲を聴いて、フランスを感じながらどうぞ!







R0011044.jpg

って別に大した記事じゃないんですが

LIDLという、ヨーロッパに住んでる人なら知ってる

安いスーパーで300円ぐらいでこのソーセージを見つけたので購入

iPod5は大きさの参考に。



隣は85セントのパンから浮気して、カワイ子ちゃんのいる店で買った80セントのパン

味は良好。クセの無い、万人ウケするタイプ。

個人的にはクセのある方が好みかな

でもあの子が可愛いから必ずまた行きます。




色が濃いから

鴨肉かなんかのソーセージかと思って

取りあえずフライパンに投入

太いので中火でフタをして火を通そうと思い

そのまま数分放置




が、、、








R0011045.jpg

大爆発

なんてこった・・・



しかも中身が肉じゃない???



見たことの無いソーセージ

ネットでよくよく調べてみると

ブーダン・ノワール/Boudin Noir と言う

豚の血で作ったソーセージ


なんてこった

そんなクセの強そうで難しそうな食材どうやって料理すればええんや

と、ひとまず味見してみたところ

臭みなんて全然無い。

これが意外とアッサリしてていける

ハーブを使ってるんやろうけど、香りもいい。

黙ってたらこれが血液やなんて全く気付かへんかも。






R0011046.jpg


ただ見た目がヨロしくない。。。w



色々調理法を調べてたところ分かったのが

去年やったか一昨年やったかの

生レバー、ユッケ生食禁止の騒ぎの中で

このソーセージも輸入禁止だかなんだか

お店で提供出来ないようになってしまったんだとか?

詳しい情報はセルフサービスで。。



ギリシャ時代から食われているという

最古のソーセージとも言われてる

そんな伝統的な食い物を簡単に禁止してしまうってのはどうなんだ。

まぁそれを言いだしたら生レバーもユッケもそうなんやけど。。。


店によっては生センマイも自粛してるところもあるんやとか

それってどうよ?!

と、思うことの多い世の中。




肝心のソーセージのお味は抜群で

出来れば相方はもう少し主張の強いパンでも良かったと思う。

でもまた買いに行くよ、あの子に会いに。

それまでにフランス語もっと勉強していこう



動機は不純でもいいんです。

その想いに素直に生きること!






毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っていますので

下の【世界一周】と書かれたやつを是非とも クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する