スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス生活記 14' Ep.33

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

R0011209.jpg

本日のアルカション/Arcachon

一度あがって、また下がってた気温がまたぐっとあがってきました

町はビキニ姿の10年後と30年前の美人で溢れ返ってます

コルチナ然り、壮年期以上の世代のリゾートってのはお上品で、雰囲気もいいし、年齢層も高い

か、惜しいけど低い、のどちらか。

西洋人は10代が一番可愛く見えるけど

やはり10代は10代。






R0011238.jpg

1ユーロ=約140円





R0011262.jpg

駅からビーチへ向いて大通りを真っ直ぐ歩くとすぐに見えてくるのがこのカジノ

これはハリボテみたいなもんで

中はショボいよと、誰かが言うてました。

この建物の裏はもうビーチ







R0011263.jpg

これが古いカジノの模型

もともとはこんな感じの、やはりイスラム建築だったそうな。

これを基準に他のアルカショネーズの家も建てられた結果

前回の写真のような家で揃えられた町になった様子。


この模型は、ガンベッタ通り/Rue Gambetta を

海と反対の方向へ向いて歩くと丘になっていて

その丘の上に公園があるので、そこへ行くと見られます。


この公園にも芝生の上で日光浴する10年後と30年前のビキニの・・・、ってもうええか。

まぁみんな太陽が好きです。 太陽浴びる為だけにここに来てるようなもんでしょうな。

浴びましょう、太陽!






R0011264.jpg



R0011265.jpg

その丘の更に上に、展望台なる、もの凄くちゃちい鉄塔が建っていて

その上から眺める景色がこれです。


上から見ると屋根は全て赤く

現在のカジノも旧カジノも、全然ロマネスクでもない、ゴシックでもない、バロックでもない

ルネッサンスの装いを全く感じさせない割りに、

町の家々はやはりヨーロッパらしさを残してるあたりに

ヨーロッパ人としてのプライドの様な物を感じます。



R0011267.jpg

いくら家がなんちゃって建築でも

やはり教会はしっかりとロマネスク様式だったり、ゴシック様式だったりします。





毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っていますので

下の【世界一周】と書かれたやつを是非とも クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。