ボルドー/Bordeaux 訪問記 14' Ep.6

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

R0011732.jpg

Saint Andre/ サンタンドレ大聖堂

11世紀に始まって、今の形に落ち着いたのは14、5世紀だとか。

ボルドーにある教会ではここが一番目玉でしょうか

目玉焼きで言うと、黄身みたいな部分です。







R0011734.jpg

これがゴシック様式の傑作中の傑作だとか

素人のyskには正直なんも分からん

ただただこれを500年前に作れたのは凄いと思う。







R0011737.jpg





R0011738.jpg

常に修繕、修復がヨーロッパの基本





R0011736.jpg

白黒で色を消すと、教会の厳正さというか、なんかそういう物が出てくる気がする。

基本的に写真を加工するのは好きちゃうけども

良さを引き出す意味でのちょっとした加工は時と場合によってあってもいいかな。


逆に、色で取り繕ってる建築は、色を無くすとなんにも大したことないタダの建物になってします。

色をぬいて、良さが出るのは、その建築自体に深みがあるからやと

誰かが言うてたような、言うて無かったような・・・



真ん中の部屋、そしてその両脇にも部屋がある、所謂バジリカ式






R0011740.jpg

なんといってもヨーロッパの旅はこれなくして語れない

サンティアゴ・デ・コンポステーラ



日本で言うところの四国八十八ヶ所巡りと似たような

どっちかというと紀伊山地の参詣道と同じ類いのもの


サンティアゴ・デ・コンポステーラという、スペインの教会を目指します。

何故ならそこに聖ヤコブが祀られているから。 

ちなみに、、、

ヤコブはラテン語で、フランス語ではジャック、イタリア語ではジャコモ、スペイン語ではサンティアゴ




ということで、この教会は、サンティアゴ・デ・コンポステーラとしての世界遺産登録と

月の港ボルドーの歴史建築、としての世界遺産登録と

二重登録な訳です。

ひとつの建物で、世界遺産が二度楽しめるお得な遺産です!!

って、まぁここ最近、また政治利用され始めてしまっているような

世界遺産とかはどうでもいいんです。

この教会にもデカイバックパックを背負った若者が

ホタテ貝をぶら下げて

ブツブツなんか唱えてる姿が。


信仰について考え直す以前に

自分の人生について考える良い機会なんでしょうか

ヨーロッパではこれをやる人をよく耳にします。


yskも日本人として、一度はお遍路も歩くべきやな。








R0011742.jpg

この日は風が強かったのでお馴染みのロゴが立てれなかったんですが

気の良い兄ちゃんが助けてくれました。

困ったときこと人のありがたみが分かるってもんで

困ったり苦労したこと無い人は、人のありがたみもわかんないんじゃないかなんて思ったけど

それはその人にしかわからんので、自分には分からんと言うことで丸く収める。


歴史を語る上で宗教を抜きで語れる国なんて無い

とりあえず、イスラエルとパレスチナの代表二人で

八十八カ所巡ってもらえば、なんか変わるかも知んないな。





毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っていますので

下の【世界一周】と書かれたやつを是非とも クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する