現地で稼ぎ、現地を旅する_2

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

R0015260.jpg
今日の最低気温はマイナス4℃ えげついなー






その国に住んでその国で働くってことは、旅だけじゃ見えないものも沢山見えて来るし、それが自分に与える影響も大きい。


人が生きていくうえで切っても切れないのはお金を稼ぐってこと。だからその時間を現地の人と一緒に過ごすってのは本当に色んな事が学べる。

2008年の夏はスロベニアで働いていた。

ここは旧共産圏の国で年配の人は共産圏の教育で育っているし、まだその名残を感じられる事は非常に多かった。

それにスロベニア自体は先進国の一員だけど、周辺諸国はまだまだ発展途上国で貧しい国が多いので

そんな国から来る外国人労働者も沢山いたので、より身近に日本では感じられないものを感じられた。

キッチンで働いていたおばちゃんたちは、ボスニアやクロアチア出身

暇があれば外へ出てタバコをふかす。


「だってどれだけ頑張ったって収入が同じなら楽な方がいいでしょ?」



ごもっともです。。。


産まれた時からそういう環境で育ってきて、急に民主主義ですって言われても対応できるわけない。

そんなおばちゃんがある日、誰かから高級チョコを貰ってきたのだといって店の人みんなに配っている。

日本の職場でおやつにチョコを配るのとはわけが違う。なにせおばちゃんの給料なんて日本のフリーターより遥かに低いんだから。

それでも

「みんなで分けることは良い事よ。」

と言いながら笑うおばちゃんの笑顔は本物だった。

共産主義の両側を見れた気がした。





その翌年2009の夏はイタリアにいた。

始めに働いた店は最悪だった。


何一つ守ってもらえない約束

現地に行ってみるとまず、到着の日にちを忘れられていて迎えが来なく駅前で待ちぼうけ

用意しておいてくれるはずだった住居も無し


最初から店の場所を聞いて自分で訪ねるべきだったのか

住居の事も最初から念を押しておくべきだったのか



挙げ句の果てに給料を払ってくれない

給料ちょーだい? って言うと

「今はお金が無い!!」

って逆ギレ  


そこのオーナーが特別かと思ってたけど、イタリア人ってそういう人多いみたい



RIMG0005.jpg

トスカーナで働いていた時の同僚たち みんな給料貰ってないから団結力は凄い





そんなとこでは働いてられないので店を移ったけど

どこに行ってもそんな感じ

週7日、80時間、月320時間も働かされたり、イタリアでは散々な目に遭った



イタリア人の同僚に自分が日本人でなめられてるからそんな目に遭うんかと思って聞いてみたら

イタリア人同士でもなかなか給料は払ってくれないらしい。

その友達は5件、働いた事あるけどしつこく給料をせがまなくてもくれたのは

1件だけらしい。 なんとまぁ。。。



RIMG2470.jpg

働いてた店の前の通り この雰囲気が好きやったなぁ




この半年で日常会話程度のイタリア語は身につける事が出来た。 経験と語学力の為の授業料と思えば安いもんか。

他にもイタリア人の身内贔屓な性格も知ることが出来た。

「今日は新鮮な伊勢エビが入ったから、賄いで食うぞ!」


普通ならお客さんに出して、余ったら自分らで食うでしょ?


いいえ、


イタリア人はまず自分たちで食って、余ったらお客さんに出します。



RIMG2519.jpg

ピチピチの伊勢エビ食おうって言うたヘッドシェフ




根がこんな人たちですから

「その土地の料理はその土地に行って食え」


って意味、分かる気がする


どんなに交通機関が発達して、物流が良くなっても

そんな調子じゃホンマに美味しいものが日本は愚か、ヨーロッパ、果てはイタリア国内でも流通しないぐらい。

トリノに居た時の同僚にイタリアはトマトがうまいと褒めると

「ホンマに美味しいトマト食いたかったら、南に行け。北のトマトはホンマのイタリアのトマトちゃうで」

と言ってたけど、ナポリに行って八百屋でトマトを食ったときその本当の意味が分かった。


RIMG2535.jpg

一緒に働いていたイタリアのソムリエ資格を持った日本人




ホンマに美味しいパスタも

ホンマに美味しい野菜も

ホンマに美味しい料理も

その地域に行って食え!



これがあるからイタリアは面白い


世界一世界文化遺産の多い国に産まれた

ヨーロッパ一いい加減な性格のイタリア人は

ヨーロッパ一美味い料理を

自分の街の中だけで食う

それが食いたかったら、そこまで行かないといけない。



イタリア語が話せないと美味しいレストランを見つけるのも一苦労


何せヨーロッパ一いい加減なイタリア人は楽して儲けることしか考えていないので

観光客からはぼったくることしか考えていないから



でも、


給料貰えず


週80時間働き


言葉も出来ないながら必死に頑張った半年が


そんなご褒美をくれたイタリア



現地に住むのも素敵でしょ


世界一周ブログランキングに参加しています。
10位前後を行ったり来たりしてますが、みなさんの1日1クリックでランキングが上がります。
これからもポチッと清き一票よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

No title

はじめまして。

僕も、世界一周をしようと思っています。

現在、オーストラリアで働いています。

イタリアとかで働くとき、ビザはどうしているんですか?

2010/10/19 (Tue) 15:45 | カトケン #- | URL | 編集
No title

カトケンさん>コメントありがとうございます。 イタリアで働くにはいくつか方法があるんですかちょっと危ない方法で僕は働いていました。一番多いのは20時間の就労が認められた学生ビザを取得して働いているパターンやと思います。それ以外には経営者になるか、イタリア南部に行くか、裏金を積むか、、、と表向きには就労ビザを取るのはほぼ不可能なんですがイタリアならではの方法も含め色々あります。
僕も世界一周を目指してはいますが一周はできてないのでお互い頑張りましょう!

2010/10/20 (Wed) 03:46 | ysk44 #nft/jt/c | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する