バイヨンヌ/Bayonne 訪問記 14' Ep.5

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

R0011990.jpg








R0012028.jpg

「バイヨンヌの人に言わせると、バスク人である前にフランス人」

そんなことを行ってくれたのはこのお土産やのおばちゃん

英語の先生をやってたけど、途中で気が変わって、今はお土産屋さんをやってるんだとか。





この点がスペインのバスクとは大きく違う。

スペインの統治方法がそうさせたのか、フランスの統治方法がよかったのか

フレンチバスクが所詮バスクの面積の極わずかしか占めてないからか

色んな要因があると思うけど

それでもここの人たちは自分たちがバスク人であることのアピールも忘れない。





R0012010.jpg




R0012009.jpg

この星形の一部に当る塀は要塞の一端かな?






R0012020.jpg

バイヨンヌ市の市バスは電気

これも小都市だから出来るエコであり社会貢献







R0012016.jpg

バイヨンヌのお土産屋



バイヨンヌの人口がたった4万人

たった人口4万人でもこれだけ”自分らしさ”を出せる街

ってのがヨーロッパには沢山ある気がする。


特にその印象が強かったのがここ、バイヨンヌ。

バスクっていう名前もあるけど、ここで言うバスクの地位ってのは

日本の蝦夷であったり、琉球であるようにyskは感じる。

まして人口たった4万人


例えば日本の自治体で人口4万人というと

過疎の代名詞になるような町が多いんとちゃうかな

wiki参照→ 日本の市の人口順位

都市には仕事が集まり、人が集まり、金が集まり

地方では仕事が減り、人が減り、金が減り

この悪循環が江戸時代にやってた参勤交代の名残りじゃないかとyskは思いますが

この絶対的中央集権国家、ある意味これって霞ヶ関による絶対王政じゃないですか


民主主義の名の下に、東京の偉いさん方が、行ったこともない地方都市のことまで

全部決めてしまうこの制度の良さってのは

中央の人にしか旨味がなくて

地方の人は大きく力を持てない、即ち自分たちの良さを出し切れない

そんな風に感じてしまう。



たった人口4万人の町がこれだけ自分らしさを出して

観光客を集客出来るだけの魅力を発信して

外国人も沢山やってきて

それに合わせて特産品を主軸にする産業も活性化

地方の雇用の促進にも繋がる


バイヨンヌがやったことと言えば、昔からの町を受け継いで、自分たちらしくあり続ける

それだけ。






R0012022.jpg

特産品の生ハム






R0012029.jpg





R0012030.jpg

右からバスク、フランス、ヨーロッパ連合、スペインと並ぶ旗

これもこの場所だからこそなのかな。







R0012031.jpg


字の如くエアでコントロールする空調の風が肌寒く感じる時間帯

もろこし畑に沈む夕日を眺めながら

今日1日、目に入ってきた物と、皮膚に感じた町の空気、鼻から吸った町の埃

耳から入れた雑踏の音、背中に感じる日差し、

そんなことを一つ一つ思い出しながら

また自分の暮してきた町のこと、地域のこと、国のことなんかと重ね合わせてみたり




インプットする時間と、それを整理する時間、そしてアウトプットする時間

旅ってものにはその全部が揃ってるんじゃないか?





毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っていますので

下の【世界一周】と書かれたやつを是非とも クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

コメント

バスク国旗。

バスクの旗、ハジメテミマシタ。
  写真のお店の二階とかは下宿屋さんの雰囲気ですね。。。
私の歩いた辺の食べ物屋さんとかや御老舗風の個人経営的お店やさんなんかが、寮みたいな感じで二階とかを自分の子供達が独立して出てった後の部屋を
一部屋貸す。。。って言うパターンを経験しました。密集してるアパートや団地感覚の寮よりも落ち着いて勉強できます。だけど、楽器可は条件厳しく家賃も高くなります。お写真の
   お店の「マダム」はおばちゃん、、、って呼ぶには「年齢不詳なステキな女性ですね」。。。「笑」。英語の先生となると、バスクは英語が自由につうじるのかな。。。私はフランス語はできませんので、フランスの一部で英語が相手にぜんぜんわからない「通じない」所で困惑した経験があります。。。Yusuke sanの様に
国境異文化の合流体験を私は未だしていません。オーストリアとチェコの間位です。
 音楽しか知らなくて地理とか政治は無知か知識が皆無なので、解らないけど、日本人からすると、ヨーロッパの建物は皆同じにみえるのだそうです。ザルブルクも「南のローマ」。。。とか呼ばれたりしてます。。。
  さて、早速日本語を間違えました。地名のフリガナをカタカナで綴るの間違えました。。。。
 前回のコメにてです「汗」。。。。「Sudtiroler Platz」です。どのようにカタカナでは読まれているんだろう。。。。慌てて再度コメした次第です「笑」
  因みにバスクは人口四万。。。過疎地域の人口数くらいでしょうか?。。数ヶ月ほどで皆仲良しになれそうな人口規模と考えるのは私だけでしょうか?。それでは、移動する時は気をつけて!!
追伸。オーストリアのカテゴリーにも訪問コメしてます「笑」。 
                                                   チュス!! by Sisi。

2014/09/22 (Mon) 20:03 | シシィ。 #YgUVdW1s | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する