ボルドー/Bordeaux 訪問記 14' Ep.9

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

R0012051.jpg

ゴシック建築様式のバジリカ式大聖堂、サンタンドレ

何度来てもこの豪華絢爛な作りには息をのむ

そして日本の神社仏閣を思い出す。









R0012042.jpg

アルカションで暮し始めて2度目?3度目? のボルドー

アルカションに来た頃は

これぐらいのほほんとしてるのもええな〜

なんて思ってたけど、こうやってボルドーに来ると思う

都会はええな〜〜

結局隣の芝はいつも青いもの。



それでも絶対的にアルカションとボルドーで違うと感じるのは

人口とか利便性とかそういうものじゃなくて


人の匂いがするのかしないのかそう言うところのような気がする。


アルカションは詰まる所、保養地であって

今に息衝く昔ながらの暮らしというか、文化や伝統のようなものを感じることがほとんどない

”新しく作られた街” の感が拭い切れない。


その点ボルドーはいつも行くブラズリーにしても

通りを歩くと流れてくる空気にしても

そこに人がずっと住み続け

ずっとそこに流れ続けてきた空気を感じることができる。




R0012045.jpg


こんな店はアルカションには無い。







R0012038.jpg


こんな料理もアルカションでは食えない。








R0012048.jpg

いつもの店のオヤジが、ソーテルヌの一番搾りをくれた

ブドウを収穫して絞って少ししか経たない、まだアルコール度数の低い状態のブドウ果汁

若干のアルコールと微発砲が口の中で踊る。





街の規模どうのこうのより

そこに息衝く普通の暮らし、文化や伝統なんて言うとたいそうに聞こえるけど

もう極々自然な暮し方、それが残る場所にはやはりそこにしか無い空気が流れているし

その空気を感じられるところは居心地が良い

またその空気を感じられるだけ自分のアンテナも磨いておかないといけない。




毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っていますので

下の【世界一周】と書かれたやつを是非とも クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する