ビアリッツ/Biarritz 14' Ep.4

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

R0012200.jpg



嗚呼、今日もいい日だ。











R0012202.jpg

天気が良くないのに、気持ちが軽いのは

仕事からの解放か

それともフランス人がフレンドリーになってきたからか

そもそも比較対象がアルカションで、ここはフレンチバスクやから尚更フレンドリーに感じるのか


とにかく気分が良い。







R0012203.jpg





R0012204.jpg

この街はタダのビーチリゾートではなく、地形も良い。

そしてヨーロピアンラテンのボディラインも良い。







R0012211.jpg


そして平和な日々







R0012207.jpg

も、自然の驚異にさらわれる。








R0012213.jpg





R0012209.jpg





R0012210.jpg

アルカションには砂丘があるけど

ここには地形がある








R0012234.jpg





R0012237.jpg

ものごっつい、良い波もある。







R0012224.jpg





R0012226.jpg

しかも、色んなところにある。



今度ビアリッツに来る時はサーフィンする。 絶対する。







R0012239.jpg

コーヒーは不味くない

でも波を見ながら落ち着いて飲めない。

やっぱりサーフィンがしたい。。。







R0012241.jpg

フランスではナンバープレートの右端にある二桁の番号で車の登録地域を識別しているそうで

この車(キャミーユのお母さんの車)のプレートの右端にある64というのはバスク番号

だからなのかバスク土産の64を使ったものをチラホラ見かけた

もしかしたらナポレオンとかが由来だったりする?

もしそうだとしたらやはり彼の行ったインフラ整備というのは本当にもの凄く高度やったんやろうなぁ。。



最後の最後までキャミーユに世話になったビアリッツ滞在

彼女がいなければ絶対ここまで楽しめなかった。

やはり持つべき物は旅友



どこまでもアクティブな25歳

彼女は明日からパナマへ行くらしい

旅をしていて不思議なのは、また必ずどこかで会える気がする人とそうでない人がいること

死ぬまで、必ずしも当るとは言い切れないけど、でも結構な確立で当ってる気がする。

キャミーユにはまた世界のどこかで会えます。





毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っていますので

下の【世界一周】と書かれたやつを是非とも クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する