ズバリ! 外国人から見て日本ってどうなの? in Basque (Spain) pt.1

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

R0012359.jpg


久しぶりのこのシリーズ

本日はサンセバスチャンで同じ部屋に泊まってたオーストラリア人

ケルシー/Kelsey 18歳 無職

「今は高校卒業したばっかりで、親は大学行けって五月蝿いけど、
でも私旅して世界を見る方がもっと大事だと思ったから飛び出してきたの。
やる前から駄目って決めつけるのは嫌いだし、旅が終わったら大学にも行くつもり。
それまでの1年は好きなだけ旅するの。その為にずっとバイトしてきたんだからね。」



****************
1、What is the first thing comes up to you mind when you think of Japan?
  「日本」って聞いて一番最初に思いつくことは何?

”東京とテクノロジー”

世界都市東京は何処まで行っても知名度抜群

そして日本といえばやはりテクノロジー

日本の技術はどこでも通用するってことでしょうか





2、Do you know any famous Japanese person?
  誰か有名な日本人知ってる?

”ミスター・ミヤギ”

空手キッズという映画に出てくる師範かなんからしい。

実在する人物は誰も知らないとのこと。







3、Do you wanna go to Japan? Why?
  日本に来てみたいと思う? その理由は?

”もちろん! テクノロジーを見たいわ。 特にトイレ!

日本のトイレにまつわるドキュメンタリーで見たわよ。 すんごいトイレがあるんでしょ?!”



ト、ト、トイレにまつわるドキュメンタリー in オーストラリア、ですか・・・苦笑






4、Do you have any ideas where you want to visit in Japan?
  日本でどこか行ってみたい場所はある?

”東京しか知らないわ。 桜は絶対見てみたいなぁ。”

日本に来てみたい理由、トイレが桜を凌ぐとは。

まだトイレのショックから抜け出せないままインタビューを続ける ysk






5、What do you wanna do the most in Japan?
  日本で一番やってみたいことはなに?

”本物の寿司を食べてみたいわ。”

是非本物のお寿司、食べてもらいたいものです。

カリフォルニアロールが日本の伝統だと思われ続けるのは胸が痛みます。






6、What is the one word to describe Japan?
  日本を一言で表すと?

”MODERN/現代的”

テクノロジーのイメージが先行してのこの一言でしょうか

自称JAPAN伝道師の yskが、現存する独立国家として世界一古い国であることもしっかり指導しておきました。





7、What do you think about Japanese men or women?
  日本人の男性と女性についてどう思う?

男:”いつも怒ってる”

女:”いつも優しい”


映画で見る限りそう見えるらしいです。

男性はいつもムスッとして、低い声で喋り

女性はいつもニコニコみんなに優しく接する。


どんな映画を見たのか気になるなぁ。。





8、Could you tell us Japanese about your country and hometown?
  自分の国と郷を紹介してくれる?

”オーストラリアのことは大っき過ぎて一言では言えないから自分の村について言うわ。

GURRA GURRA/ガラガラっていう村の名前は先住民の言葉からきてるの。

隣の家まで車で10分ぐらい。
家族はみんな仲良しだし、人口7000人に村、全員が家族みたいに仲良しよ。

みんな朝起きてご飯を食べて、畑、牧場に行って仕事して、家でみんなで昼ご飯食べて、また仕事して、
夜は早くベッドに入る、本当にシンプルな生活しかないの。 だからかみんなリラックスして生活してる。
旅して気付いたけど、あれが本当にシンプルな生きることの喜びかも知れないわ。

でももっと色々見たいから私は旅を続ける。”




ケルシー、ホンマに18歳??







9、Could you give a message to Japanese people?
  日本のみんなにメッセージお願いします!

”I wanna sit down on your toilette!!!”

日本語訳要らないね。。笑



****************





学校は遠過ぎて毎日通えないので家で勉強するホームスクーリングで育ったというケルシー

週に1回だけ学校に行く日があって

その日は必ずドイツ語の授業を取っていたそうで

今はドイツのワーキングホリデービザを取ってドイツを拠点に

1年かけてヨーロッパを旅してるんだとか。

よくもその生い立ちでそれだけ海外に対する好奇心を持って

それだけ調べて、計画して、お金貯めて、そしてしっかり実行して

18歳のピュアな笑顔の中にどれだけの夢が詰まってるのか

これからが楽しみでなりません。


ありがとうケルシー!






毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っていますので

下の【世界一周】と書かれたやつを是非とも クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する