パレスチナ/Palestine 旅行記 14' Ep.2

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

R0013416.jpg





R0013271.jpg

1枚目はパレスチナのナンバープレート

2枚目はイスラエルのナンバープレート

パレスチナナンバーではイスラエルには入境出来ないんだよ、だとか。

見えない分離壁









R0013427.jpg

やってきました、本日のメーンイベント

ラマッラー/Ramallah からタイベ/Taybeh までは朝しかバスが出てないと

タクシーの運転手が調子良く言うてるので、吹っかけられてるのかと思ったが

そこはラマッラーの達人こと光太郎が問題無いと言うのでタクシーを利用することに。


4人でシェアして往路は一人当たり15シェケル=約450円

復路は別のタクシーを拾って一人当たり10シェケル=約300円


時速160kmぐらいで飛ばして片道30分ぐらいやったかな?





R0013429.jpg






R0013428.jpg

オリーブ畑が広がる

この国の主な輸出はオリーブと石とセメント


って、どんなけ土地痩せてんねんってことですか。






R0013430.jpg

で、黄昏れるSAMURAI








R0013431.jpg

肝心のビールです

種類が

ホワイト、ゴールド、ライト、ダーク、アンバー、ノンアルコール

なんと6種類もあるそうです。



パレスチナの人口比9%がキリスト教らしく

ここの人たちはキリスト教なのでお酒飲みます。

イスラム教徒からのお咎めも恨みもなく

「パレスチナ人同士は宗教違っても仲良くやってるわよー」 だとか。






R0013434.jpg





R0013436.jpg

熱心に説明をしてくれてるのはアリーナ/Alina

アメリカからの帰国子女だとか?

パレスチナは人口の半分が難民なので、その2世、3世が難民した先から

またパレスチナに出戻るというパターンが多いらしく

思考回路がどんどん西洋かというか、民主主義かというか、西よりになっていってるらしい。

彼女も間違いなくその一人。 

断固独立を掲げる熱いパレスチナ人と違って「私はただ自由に暮したいだけなの」 と、一言。







R0013437.jpg

オクトーバーフェストにも出展してるそうです。







R0013439.jpg






R0013438.jpg

小麦はベルギーとフランスから輸入

ホップはチェコからの輸入

製法はドイツで学んだんだとか。

水は地元の地下水

年間60万リットル出荷

ボトルにすると100万本以上



この街では他にもオリーブオイルやワインも作っているらしい。

どれも全て主な輸出先はイスラエル

というか、全てのヒトモノカネがイスラエルに管理されてるので

手広くは出来ないんだとか。






R0013435.jpg

イスラエル以外の主な輸出先は北欧諸国

難民の受け入れも積極的やし、スウェーデンに至ってはパレスチナを国家承認しているそうです。

他には日本にも出荷してるそうなので、見かけたら是非パレスチナの為と思って味わってみて下さい。








R0013440.jpg

アラファトも訪れたことがあるんだとか







R0013441.jpg

「向うの丘の上に丸いもの見えるでしょ? あれレーダーなのよ。

あれで私たちの生活は全て管理されてるの。 その隣には新しい入植地が出来たのよ。

この場所も週に2日しか水が出ないし、ビール製造も楽じゃないわね。

彼らはあそこから私たちを見下ろして、毎日温かいシャワーでも浴びてるのかしら。」




ちなみにタイベは標高900mなので、このときの気温12度。

中東とは言えど、結構寒いんです。








R0013442.jpg

ビール工場見学を終えて街へ向かおうと歩くと至る所で見かけるこのロゴ

イスラエル側の圧力でこれといった産業を生み出せず、厳しい生活をするパレスチナ人の中で

このビール工場は街を潤し、みんなを元気にする、大事なものなのかも。




なんて考えながら歩いてると

迷った。。。








R0013443.jpg

迷ったので入ってみた建物が偶然にもワイン工場

ってワイナリーですか!!!








R0013444.jpg





R0013445.jpg

道を聞きたかったので詳しい説明は聞かなかったけど

ともかくここでワインも作っているんだとか

さっきのビール工場と経営は別やけど、これもタイベの大事な産業。








R0013448.jpg

「フランスから直輸入だぜ、このバレル」 と、自慢げなおっちゃん。

なぜかこっちまで嬉しくなっちゃう。









R0013451.jpg

肝心のワインの味は・・・・・・

これからの洗練に期待したいと思います。



ということで引き続き街歩き

至る所で見かける十字架がこの街がクリスチャンであることをしっかり認識させてくれます。



人口の9%やったっけ?

パレスチナのアラブクリスチャン








R0013452.jpg





R0013453.jpg

一言でクリスチャンと言っても

正教会もあれば、カトリック、プロテスタントもあり

村の中でも宗派はバラバラの様子。





R0013458.jpg





R0013460.jpg






R0013454.jpg







R0013456.jpg

街の中にはこんな遺跡も。

4000年前だったかな?

ローマを歩いて遺跡を見て、その壮大さと、古さにビックリしたけど

このカナンの地はさらにその上を行ってる気がする

ただそれが戦争の歴史であって、どの遺跡も同じ方向を向いてないことで

ローマで感じるようなまとまりがないのか

何が足りないのか、多過ぎるのか、

人をここまで呼び込めない。






R0013457.jpg

こんな吹きさらしのモザイク

ここに何千年も前に貼付けられたのかと思いながらさすってみる。

ゆっくりさすってみる



優しくさすってみる・・








特に何も起こらない・・・・。





R0013462.jpg

ラマッラー/Ramallah に戻る為にまたタクシーを走らせてもらう

走らせてもらいながら車内から見える景色は何とも痛烈

上の写真はイスラエル軍が勝手に作ってるベースキャンプ







R0013464.jpg






R0013467.jpg






R0013466.jpg

イスラエルの入植地






R0013465.jpg

これもイスラエルの入植地





R0013468.jpg





R0013463.jpg


ラマッラーへ戻る立った数十キロの間に一体どれだけの入植地とベースキャンプがあったのか

パレスチナの人たちは一体どれだけ、この人種差別と共に歩いてきたのか

出口の全く見えないトンネルをこれからどう歩いて行くのか

こんな生活環境の中でなんであんなに外国人の贅沢で旅行してる俺たちに優しくしてくれるのか









毎日続けて旅するような世界一周とはちょっと違いますが

現地で暮しながら現地を旅するスタイルで世界制覇を目指して頑張っています。

《現在66カ国訪問済み》 今まで訪れた国の記事はカテゴリーからご覧下さい。

ランキングにも参加しているので、
是非とも【世界一周】と書かれた下のバナーを クリック お願いします!!

皆さんのワンクリックと温かいコメントが、いつ終わるか分からないこの旅とこのブログの原動力です!!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する